最新情報・レポート

ドアにシールがあったらご注意ください

マンションの玄関にいつの間にかシールが貼ってあるということはないでしょうか。キャラクターのシールや、その他のシールかもしれません。「子供のいたずらだろうか」とその場で無視をしてしまうと大きな犯罪に気がつかないままかもしれません。まずはそのシールを剥がしてみましょう。シールの下に穴があったら、それはサムターン回しをされて空き巣が入った可能性が高いです。サムターン回しはピッキングとは違って、内鍵に対して行われる鍵開けとなっています。ドアに穴を開けて、そこから金属の棒を入れて内鍵を開けるという違法鍵開けなのです。これはピッキングのように技術は必要ありませんし、早く鍵開けをすることができます。また穴は小さいもので済みますので、シールなどで隠してしまえば犯行に気づかれるのを遅らせることもできるのです。こうしたメリットがあるために空き巣がよく使っていました。もちろん対策がありますのでご安心ください。内鍵にカバーを取り付ければ問題はありません。サムターン回しで棒を入れられても、カバーがあることで鍵を回すことはできなくなります。もしもサムターン回しに対抗したいということでしたら、鍵屋に依頼をして内鍵にカバーを取り付けてもらいましょう。その他に空き巣対策で気になる点があるのでしたら鍵屋に色々と質問をしてみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
20:15 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<