最新情報・レポート

シリンダー錠の種類

およそほとんどの住宅や建物で用いられていて目にすることも多いのががシリンダー錠です。なので鍵修理や鍵交換を行う際にも考える鍵は当然このタイプについてが多くなりますから、ここではシリンダー錠の中でも多く使われている種類3つについて、主にピッキングに対する防犯機能に注目しながら少しずつ触れていきましょう。
まずは「ディスクシリンダー錠」普及当時は爆発的に広まった種類で、全国のマンションの7割で使用されていたとも言われています。ただ、最近のピッキング技術に対しては防犯効果が薄いものもあるようで、防犯の観点からは交換が勧められることもあるようです。
2つ目は「ピンタンブラー錠」ディスクシリンダー錠と同じくマンションなどの住宅でよく見られます。鍵の刻みが片方だけについている見た目が特徴的です。ピン部分の改良によってピッキングされにくく防犯性能は高まっていますが、補助錠などを合わせて使うことが多いようです。
3つ目に「ディンプルシリンダー錠」比較的新しいマンションなどで多く見られるのがこの種類です。凸凹のくぼみがある形状で鍵先が丸いのが特徴です。ピッキングに対する性能はとても高くなったとされていますが、普及ににともなって性能に差があるものも出てきているようです。
この3種類がシリンダー錠の中でも特に多く使われているとされています。鍵のトラブルはいつ起こるか分かりませんから、一度自宅の鍵の形を確認してみてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
18:30 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<