最新情報・レポート

サムターン取り外しで防犯になる?巧妙化が進む空き巣の手口と対策

年々巧妙化していく空き巣被害ですが、皆さんは何か対策をしていますか?近年では、住宅への侵入手口のひとつとして、サムターン回しといった方法があります。サムターン回しを対策するためには、サムターンを取り外すという手段が有効です。

本コラムではサムターン取り外しをする方法や、悪質な侵入手口に対する対策などをご紹介していきます。自分の家は大丈夫と思っていても、気が付いたら泥棒に入られていたというおそれもあるかもしれません。記事を最後まで読んで、自宅の安全性を確保してみてください。

サムターン取り外しで防犯対策になるの?

サムターン取り外しをおこなうことで、空き巣被害の対策をすることができます。ここでは、おもな空き巣の手口であるサムターン回しや、対策方法などをご紹介していきます。

サムターンとは何か確認しておこう!

サムターンとは何か確認しておこう!

サムターンとは、扉やドアの内側に取り付けられているつまみのことです。つまみを回すことによって、簡単に内側からも、扉を解錠・施錠することができます。

サムターン回しは空き巣の手口ナンバーワンだった!?

サムターン回しとは、玄関の外側からサムターンを回して鍵を解錠する手口のことをいいます。これまでの空き巣被害は、ピッキングが主流でした。ピッキングとは、特殊な工具を鍵穴に差し込み回すことで、鍵を解錠する手口のことです。しかしピッキングの被害は、防犯性の高い鍵が多く普及してきたことにより減少傾向にあります。

このような防犯性の高い鍵に対抗しようとしてあらわれたのが、サムターン回しという手口です。具体的には、扉の隙間から針金や紐などを入れてサムターンを回転させるやり方や、扉のガラスを割ってサムターンを回すというやり方などがあります。このようにサムターン回しは、非常に悪質な手口ともいえるでしょう。

サムターンを取り外すデメリット

サムターンはドライバーなどの工具を使うことで、扉から取り外すことができます。しかし扉から取り外すと、見栄えが悪くなることはもちろん、使い勝手も悪くなるでしょう。たとえば緊急時でいざ外に出ようと思ったときにサムターンが取り外されていると、外に出るのに時間がかかってしまい、非常に不便に感じてしまうのです。

脱着可能なサムターンもある!

最近では、このようなサムターン回しの被害を対策するために、脱着ができるタイプのサムターンがあります。ドライバーなどの工具を使わずに簡単につまみの部分だけを脱着することができるので、非常に便利です。

近所の治安が気になる方や、周りで空き巣被害が多発している場合は、一度家のサムターンの交換を検討してみてもよいかもしれませんね。弊社は全国のさまざまな業者と連携をとって、何かトラブルが起きた場合は、すぐにお客様のもとに駆けつけて解決いたします。まずは一度お気軽にお電話をしてみてください。

サムターンの交換方法~自力でチャレンジしたい人へ

サムターンは取り外し可能なタイプ以外にも、さまざまなものがあります。そのため、より高性能のサムターンに交換することによって、サムターン回しを防ぐことができるでしょう。こちらではサムターンを交換する際に覚えておきたい、サムターンの種類や交換方法などを説明していきます。

サムターンの種類

サムターンの種類

サムターンの中には、サムターン回しに効果的なものがあります。そこで、サムターン回しに効果的なものを中心にご紹介します。

・切り替え式サムターン
切り替え式サムターンは、サムターンについているボタンを押すことによって、空転モードと解錠モードが切り替わる仕組みになっているサムターンです。スイッチを切り替えないとサムターンを回すことができないので、ピッキングやサムターン回しなどの手口から身を守ってくれます。

・スイッチ式サムターン
スイッチ式サムターンは、ボタンを押しながらサムターンを回すことでしか、解錠することができないサムターンのことをいいます。また、サムターンが水平になっていなければスイッチを押すことができないタイプなどもあり、防犯性能は非常に優れているといえるでしょう。

・卵型サムターン
卵型のサムターンは、その名の通り、サムターンが卵のように楕円形になっているタイプのことをいいます。楕円形になっているため、サムターンに針金や紐などを引っかけることが困難になり、高いセキュリティにより空き巣被害を防ぐことができます。

・偏荷重式サムターン
偏荷重式サムターンは、1ヶ所に重心が偏った状態ではサムターンを回すことができない仕組みになっています。サムターン回しがおこなわれる際には、針金や紐などをサムターンの片側に引っかけて回転させるため、重心が特定の場所に偏ることになります。重心が偏ると、サムターンを回すことができないので、偏荷重式サムターンは防犯性が高くなっています。

交換の前に必要な準備

自宅のサムターンを自分で交換したいときは、プラスドライバーとマイナスドライバーを用意しましょう。基本的には、これだけあればサムターンを交換することができます。それでは、具体的なサムターンの交換方法についてみていきましょう。

サムターンの交換方法

サムターンを交換する手順は以下のようになります。ひとつずつ確認していきましょう。

  1. はじめにドアを開けて、ストッパーなどを使い、ドアが閉まらないように固定します。
  2. サムターンを回して、つまみの中央にあるネジを外すと、サムターンを取り外すことができます。
  3. サムターンを取り外すと、その中に大きなビスが2つあるので、こちらもドライバーで取り外します。
  4. 大きなビスを外したら、ドアの横にある鍵部分のビスを外して、金属板のフロント部分を取り外します。
  5. 金属板を取り外したら、2本の金属棒が平行に並んでいるので、部屋内側にある金属棒1本を引き抜きます。
  6. 金属棒を取り外すと、サムターンの本体部分が外れます。
  7. サムターンを取り外し終えたら、逆の順番で新しいサムターンを取り付けましょう。

交換で失敗しやすいポイント

新しいサムターンに交換する際は、事前にサムターンのメーカーやドアの厚さを確認しておくようにしましょう。サムターンを交換しようと思って、いざ取り付けようとしたら、サイズが合わないという可能性もあるでしょう。

鍵の交換などは経験がない方が多く、交換の時にはどのサムターンを選べばよいのか悩む人もいるはずです。そのような場合には、業者を利用してみるとよいです。弊社は24時間365日電話対応をおこなっております。すぐにでもサムターンを交換したいと思っている方は、お気軽にお電話をしてみてはいかがでしょうか。

サムターン回しだけじゃない!空き巣の手口はますます巧妙に…

これまでサムターンの交換方法をご紹介してきました。ここからは、年々巧妙化していく空き巣の手口についてみていきます。ますます悪質になっていくピッキング被害の対策方法をご紹介しているので、心配な方はこちらを参考に、鍵の交換をしてみることをおすすめします。

オートロックは意外と狙われやすい

オートロックは意外と狙われやすい

防犯性が高く安心と思われるオートロックですが、その安全性を過信してはいけません。たとえばマンションの場合、エントランスの扉が開いたと同時に、入居者に続いて部外者が入ってくることが考えられます。

また低層階で夕方を過ぎても洗濯物が干しっぱなしだったりすると、留守にしていると判断され、空き巣の狙い目になってしまうでしょう。被害を防ぐには油断をしないことが大切です。

効果的なピッキング対策

サムターン回しやピッキングなどの空き巣被害を予防するためには、さまざまな方法があります。ひとつずつ確認していきましょう。

・サムターンガードを取り付ける
サムターン回しを対策するには、サムターンガードを取り付けると効果的です。サムターンガードは円形や楕円形をしており、サムターンの周りを覆うことによって、外側からサムターンを回すのを防ぐことができます。

・補助錠を取り付ける
補助錠とは、元からついている錠前のほかに、もうひとつ取り付ける錠前のことをいいます。補助錠を取り付けることによって、ピッキングの手間が増えるため防犯性が高くなります。

また補助錠にもさまざまなタイプがあり、工具などを使用せずに取り付けられるものや、ダイヤル式の補助錠、鍵穴に直接差し込むタイプの補助錠など種類は多岐にわたります。

・防犯カメラを設置する
玄関に防犯カメラを設置することで、カメラに撮られていることを意識させることができ、結果的に防犯性が高くなります。設置する防犯カメラはダミーでも構いません。カメラが設置されているという事実だけでも、空き巣に狙われにくくなるのです。

・ディンプルシリンダーに交換する
ピッキングを防ぐためには、錠前をディンプルシリンダーに交換するとよいでしょう。多くの家庭のシリンダー錠は、ディスクシリンダーやピンシリンダーといった防犯性が低い種類が使われています。そこでディンプルシリンダーに交換すると、ピッキングをするのに非常に時間がかかるため、犯人もピッキングを諦める可能性が高いでしょう。

こじ開けられたらおしまい!?

ときには、ドアをこじ開けてくる人もいます。バールをドアのすき間に入れたりドアノブ付近にドリルで穴を開けたりして、サムターン回しをおこなおうとするのです。ドアをこじ開けてくる人には、ちょっとした対策は通用しないかもしれません。

ドアのこじ開けを防ぐためには、鍵を2ロックや3ロックに強化することや、開錠しにくい鍵に交換するなどの方法があります。ドアをこじ開けるのに時間がかかればかかるほど、犯人も犯行を諦める可能性が高くなるのです。

【対策1】2ロックまたは3ロックへ

鍵穴を差し込むシリンダー錠は複数あればあるほど防犯性が高くなります。今やワンドアツーロックが主流となっていますが、ピッキングの手口は巧妙化しています。そのためワンドアスリーロックなど、より防犯を意識した鍵に変更するとよいでしょう。

【対策2】開錠しにくい鍵へ交換

空き巣被害を予防するには、前述したようなディンプルシリンダーなど、セキュリティが高い錠前に交換するとよいでしょう。また、こじ開け対策としては、鍵がいらない暗証番号や指紋認証、ICカードを利用して解錠するタイプなどに交換すると、空き巣被害に遭う確率も減ることでしょう。

暗証番号型やICカード型を導入することによって、ドアを開ける時間が長くなり、犯人も犯行を諦めることにならざるを得ないからです。しかし、防犯性の高い鍵に交換するには、自力ではむずかしいでしょう。もし鍵の交換を検討している方は、業者に依頼してみるとよいです。

弊社は、全国のさまざまな業者をご紹介しています。複数の業者の見積りをとることで、あなたにとってよりよい業者に巡り合えることでしょう。まずはお気軽にお電話をしてみてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

・利用規約 ・プライバシーポリシー

<