最新情報・レポート

カギをメンテナンスする際に覚えておきたいポイント

カギは建物の中でもよく使われる部分のため、使っているうちに劣化してきます。鍵のトラブルに見舞われる前に定期的なメンテナンスが必要です。シリンダーが回らなくなったり、鍵が抜けなるなこともあります。電池式のリモコンキーをご利用であれば、定期的に電池を交換する必要があります。鍵がうまく回らなくなってきたり、抜き差ししずらくなったら、やってはいけない事があります。鍵が回らないからと、無理に鍵を回すと鍵が折れてしまうことがあります。市販の潤滑油やオイルも種類によっては鍵穴を劣化さえてしまう成分を含んでいる場合があります。シリコンオイル、アルコールなどは鍵穴の中に蓄積していたゴミを固めてしまう可能性があります。ゴミを清掃するために爪楊枝や針金などを使ってかき出そうとするものお勧めいたしません。鍵穴の中で折れてしまい、鍵を開け閉めすることができなくなる可能性があります。簡単にできる鍵のメンテナンスはまず歯ブラシで鍵を掃除することです。鍵にたまった繊維やホコリを取り除きましょう。特に近年増えている防犯性の高い鍵は構造が複雑になっており、ホコリがたまりやすくなっています。鍵穴のなかは掃除機を使ってホコリや砂を吸い取ることができます。パソコンのキーボードを掃除するために利用するエアダスターでも同様の効果が得られます。急に鍵が壊れる事態を防ぐためにも、気づいたときにカギをメンテナンスすることをお勧めいたします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
21:06 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<