最新情報・レポート

カギの不調は早めに解決を。

カギが急に抜けなくなった、または壊れてしまった、という経験はありませんか。
実はカギというものは、急に壊れてしまうものではありません。その前触れとして、「カギがうまく回らない」「カギを回す時カギ穴の中で引っかかる感覚がある」など、カギの不調が現れている場合が少なくありません。
そうした時は、カギの表面の汚れを取ったり、カギ穴をカギ穴専用の潤滑油で清掃し、しっかりと中の汚れを取るということが大切です。そうすることでスムーズにカギが回るようになり、それまでの「中で引っかかる感覚」というものもなくなるはずです。
しかし、カギ穴専用の潤滑油を使うなど、カギ穴に関する専門家でなければ、難しいことなので、一般の方が行おうとすると、却ってカギ穴を傷つけてしまうことも、少なくありません。
しかし、カギの調子が悪いまま使い続けると、お出かけ時や夜中の帰宅時、多くのカギの業者の営業時間外や、急いでいる時に、そのようなトラブルが起こってしまうことがあります。
そのようなカギに関するトラブルを避けるためにも、カギの不調を感じた時に、専門業者にみてもらうようにしましょう。
カギ110番では24時間365日、いつでもお客さまのご都合のよろしいお時間にお電話いただければ、スタッフがご相談に応じさせていただきます。ぜひ一度お電話ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
17:02 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<