最新情報・レポート

カギが壊れてしまうこともあります

カギは皆さんのお家を守ってくれるとても大切なものですが、カギは壊れてしまうこともあります。カギの故障としてはカギをカギ穴に差し込んでも回ってくれなかったり、そもそもカギがカギ穴に刺さらないようなこともあります。このような症状があると、お家に入れなくなって困ってしまいますが、このときがむしゃらにカギを回そうとしたりカギを刺し込むようなことは絶対にしてはいけません。カギがまっ二つに折れてしまったり、カギ穴の調子が余計に悪くなってしまう可能性があるためです。特に折れてしまったカギは取り除こうとしてもなかなか取れません。また、無理やり開けようとして工具などを用いてカギ穴を触るのもやめましょう。カギが壊れてしまったと感じたときは、カギの修理を行なっている業者に依頼して、カギを修理してもらいましょう。業者のスタッフの方がカギを修理して、お家の中へ入れるようにしてくれます。カギの故障の原因はカギの老朽化にある可能性もあります。古いカギを使っていると、それだけで空き巣などの侵入者のターゲットにされてしまう可能性もあるので、カギの修理ではなく場合によっては新しいカギへと交換をしてもらうのも良いでしょう。カギはお家を侵入者から守る要なので大切に扱いましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
14:09 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<