最新情報・レポート

こんな行動は危険です

私達の生活と深く関わりを持っているカギ。そんなカギの役割は基本的に大切な物を守るという事です。しかし、カギ本来の目的を果たすことが出来なくなる行動が存在します。一体どのような行動が危険なのでしょうか。
カギに関係するトラブルの中でもカギの紛失についてのトラブルが多くを占めています。カギを紛失した時には、カギの交換を行ったりカギを開けてもらったりすると思います。中には、無くしたカギが見つかる、事前にスペアキーが用意されている。というケースも存在するのですが、こんな時にカギを交換しないという行動が危険なのです。
その理由は、無くしたカギを拾った人物があなたの部屋に自由に出入りできるようになるからです。また、拾ったカギから合鍵を作っておいて、元の場所に戻されているという可能性も考えられます。
そうなってしまっては、カギの防犯機能は失われてしまいます。拾ったカギが使われている扉を特定するのは困難ですが、不可能という訳ではありません。なので、カギを紛失してしまった時には、念のためにカギを交換しておくことをおすすめします。
ちょっと神経質過ぎるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、防犯については用心しすぎて損をするという事はありません。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
19:03 現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

・利用規約 ・プライバシーポリシー

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
<