玄関や車の鍵が回らない!緊急時に取れる対処方法

玄関や車の鍵が回らない!緊急時に取れる対処方法

 

鍵が回らない、抜けないなどの不具合が起きてしまったら、早く対処することを一番に考えてしまいます。気が焦ると正しい判断ができず、間違った方法で解決しようとしてしまう方がほとんどです。そのため、なによりも落ち着いて対応することが一番大切になります。

 

この記事では、鍵が回らない、抜けないなどのトラブルが起きてしまったときの対処法や原因を解説していきます。一読しておくことで、緊急時にも的確にスムーズに対処できるかもしれません。また、注意することやよくやってしまう間違った対処法も紹介するので、同じことを行ってしまわないように注意しましょう。

 

目次

 

鍵に異常が見られた時の対処法

鍵を挿しても回らない、抜けないなどの不具合が起きたときはだれでも焦ってしまいます。家の中に入ることもできないですし、その場の状況をどのように対処すべきかなどの判断能力が鈍ってしまうでしょう。

 

鍵が回らない、抜けないなどの不具合が起きたときは、無理に対処しないでください。

 

むやみに触ると悪化して、なおすのが初期段階よりも困難になってしまう可能性もあります。まずは原因を探して正しい対応をすることが大切です。

 

1、原因の確認

1、原因の確認

 

鍵に不具合が起きてしまうのには原因があります。どのようなことで鍵に不具合が起きてしまうかを知っておくことで、原因も特定しやすくなるでしょう。

 

鍵穴に異物やホコリがたまっている
鍵についたホコリが鍵穴に付着したり、風などの影響で、砂や異物が鍵穴に入り込んでしまっている可能性があります。鍵穴は日頃掃除することがないので、徐々に汚れがたまっていってしまうのです。

 

 

潤滑剤が少なくなってきている
鍵の滑りを良くするために、鍵穴には潤滑剤が塗られています。その潤滑剤が減っていってしまうと、鍵のすべりが悪くなり回しにくくなってしまうのです。

 

 

鍵穴と合わない鍵を使用したことによる故障
鍵屋で作った合鍵と鍵穴の相性が悪いと、シリンダーの内部の部品を傷つけてしまっている可能性があります。鍵穴の形が変形してしまい、本来の鍵との相性も悪くなってしまうかもしれません。

 

 

使用していて鍵に違和感を感じたら使用するのを控えましょう。そのまま使用を続けて鍵穴が変形してしまうと、シリンダーごと交換しなくてはいけなくなってしまうかもしれません。 上記のように鍵が回らくなったり、抜けなくなったりする原因はさまざまです。まずは、どこに原因があるのか探してみましょう。

 

2、原因への対処法

鍵の不具合の原因がわかったら、次は対処をしましょう。状況にみあった対処法で対応することが大切です。

 

鍵穴の清掃をする
鍵穴の汚れが原因だと感じたら、鍵穴を綺麗にしましょう。回せないだけで抜き取ることができる場合は、鍵穴の掃除などのメンテナンスを行うとよいです。

 

抜き取りができない場合は、無理に抜こうとすると鍵が折れてしまうなどと状態が悪化してしまう恐れがあるので、鍵のプロに相談して対応してもらうのが安心安全です。

 

 

鍵の溝に鉛筆の芯を塗り込む
潤滑剤の減りが原因だと感じたら、鉛筆の芯を鍵のデコボコ部分に塗り込むと鍵の不具合が改善されるかもしれません。鉛筆の芯には黒煙が使われています。鍵穴の潤滑剤も鉛筆同様、黒鉛が使われているため鉛筆の芯で代用することができるのです。

 

 

鍵専用の潤滑材を使用する
上記で紹介したように鉛筆の芯で潤滑剤の代用をすることもできますが、効果は一時的です。鍵穴用の適切な潤滑剤を使用することが一番です。ホームセンターなど市販でも販売されているので、簡単に手に入れることができます。その中でも錠前メーカーの専用品を選ぶとより効果的です。

 

自動車で鍵トラブルが発生した場合の対処法

玄関の鍵だけでなく自動車でも鍵を挿しても回らない、抜けないなどのトラブルが発生します。

 

自動車で鍵に異常が発生した場合も、鍵や鍵穴に原因があるだけではなく、本体側に原因があるかもしれません。自動車にはさまざまな操作方法があるので、鍵が原因ではなく操作方法が間違っていたというケースも考えられます。

 

よくある操作ミスを下記にまとめました。うっかりとしたミスがないか確認してみましょう。玄関の鍵と同様、原因や対処法を紹介するので参考にしてみてください。

 

鍵が回らない場合

鍵が回らない場合

 

車の鍵が回らなくなってしまったときは、以下のような原因が考えられます。鍵が原因ではない可能性もあるので、まずは操作ミスがないかの確認をしてみましょう。

 

バッテリーの上昇
バッテリーが急激にあがったりすると、鍵が回らないという現象が起きてしまいます。キーシリンダーに鍵を挿し込んでも回らない場合は、バッテリーがあがっている可能性があります。スマートキーの場合は、ボタンを押しても反応しません。

 

バッテリーの上昇で鍵がまわらないときは、ブースターケーブルを使ってなおすことができます。しかし、近くにホームセンターなどがなくブースターケーブルを購入できない時は、業者に相談することが一番効率的です。

 

ハンドルロックがかかっている
車を停止した後にハンドルを回すとハンドルロックが起きてしまいます。ハンドルロックがかかると、鍵を挿すことができても回すことができないので注意しましょう。停車した後はできるだけハンドルを触らないようにしてください。

 

ハンドルロックがかかってしまったら、鍵を差し込んでハンドルがロックにぶつかり動かなくなるまで回してください。その状態で鍵を回すと、ハンドルロックを解除できるでしょう。

 

 

ギアのモードが原因
ギアが正しい位置にないと鍵は回りません。AT車の場合はPの位置、MT車の場合はNの位置にギアを変える必要があります。

 

 

フットブレーキが原因
車は安全性にも重視されているので、フットブレーキを踏みながらでないと鍵が回りません。急発進などを避けるために取り入れられているシステムです。もう一度、フットブレーキを踏みながら鍵を回して確認してみてください。

 

 

クラッチペダルに原因がある(MT)
MT車限定ですが、クラッチスタートシステムを搭載した車種の場合、クラッチペダルクラッチペダルを踏みながらでないと鍵が回りません。

 

鍵が抜けない場合

車の鍵が刺さったまま抜けなくなってしまうケースもあります。鍵が抜けない時に考えられる原因をまとめました。回らない時と同様、操作のミスも考えられるので確認してみましょう。

 

シフトレバーの位置が原因
AT車の場合はシフトレバーが「P」か「N」以外ではエンジンが始動しません。鍵を回すことはできても抜き取ることができないでしょう。また、ブレーキペダルを踏んでいない、踏み込みが弱いという原因も考えられます。

 

 

Pレンジに入っていない場合
エンジンを停止させても鍵が抜けないことがあります。AT車の場合、停車した時に「P」にレンジが入っていないと鍵が抜けない仕組みになっているのです。「P」はパーキングという意味で、駐車や停車するときに使用されます。

 

 

キーを抜くボタン搭載車の場合はボタンを押さないと抜けない場合もある
一部の車には鍵穴の周辺にある「キーを抜くためのボタン」というものが設置されていることもあります。このとき、ボタンを押しながらでないと鍵を抜くことができません。

 

鍵を車内に閉じ込めてしまった場合

車内に鍵を閉じ込めてしまった…というケースも多いです。その場合は、スペアキーがあれば開錠することができます。しかし、スペアキーがない場合は、任意保険などのロードサービス、または鍵のプロに依頼して開錠してもらいましょう。無理やり自分で開錠しようと、針金などを使うと車を傷つけてしまうかもしれません。

 

鍵は繊細につくられているので、針金などで簡単に開錠することは困難です。鍵穴が悪くなってしまうので注意しましょう。安心安全に開錠するために発生、業者の人に依頼することをおすすめします。

 

鍵のトラブル発生時に気をつけること

鍵のトラブルが起きてしまったら、誰でも焦って早くなおすことだけを考えてしまいます。その結果、正しい対応ができず悪化してしまうことが多いのです。一度落ち着いて対処をするようにしましょう。

 

間違った対処法をご紹介するので、下記のことを行わないように注意してください。

 

間違った方法で対処をしないようにする

間違った方法で対処をしないようにする

 

よくある間違った対処法をまとめました。以下のことはしないように、1つずつ確認していきましょう。

 

刺さったままの鍵を無理に引き抜く
鍵を無理やり抜こうとすると、鍵が半分に折れてしまいます。鍵が中折れすると鍵を抜き取る作業が難しくなってしまい、費用も時間も多くかかってしまうかもしれません。最悪の場合は鍵穴ごと交換することになってしまいます。状態が悪化してしまうので、無理やり抜こうとしないでください。

 

細い金属や、つまようじなどを鍵穴に差し込む
細い金属や、つまようじなどを鍵穴に差し込むと、鍵穴の中で折れて取り出せなくなってしまうかもしれません。また、鍵穴を傷つけてしまう可能性があります。一時的になおっても鍵穴が傷ついていると、今後の使用に支障が出てしまうので注意しましょう。

 

上記のような方法で応急処置をする方もいますが、「一時的しか直らなかった」というケースが多いです。鍵穴に傷をつけてしまうと、結局はシリンダーを交換しなくてはいけなくなってしまいます。時間や費用もさらにかかってしまうでしょう。無理にすぐにできる対処法を行うのではなく、まずは落ち着いて正しい対処法を探しましょう。

 

個人で対処できないのであれば業者へ!

上記でも紹介しましたが、自分の力で無理に対応すると状態が悪化して、鍵穴ごと交換しなくてはいけなくなるかもしれません。

 

結局業者を呼ばなくてはいけなくなった場合、費用はもちろんですが、経度だったころよりも修理時間が多くかかってしまいます。このように後の対応が大変になってしまうので、最初から鍵のプロに任せることが一番安心安全です。余計な費用がかかることもありませんし、初期段階であればできるだけ早く対応することもできるでしょう。

 

鍵が回らない、抜けないなどのトラブルがあれば、プロの人に相談してみてはいかがですか?また、故障していなくても、不具合を感じたら悪化してしまう前に相談しておくといいかもしれません。

 

まとめ

鍵が回らない、抜けないなどのトラブルが起こると誰でも焦ってしまいます。早くなおそうと自分で無理やり作業してしまう人が多いです。

 

力を加えたり、小道具などを使用してなおそうとすると、かえって悪化してしまうので注意しましょう。鍵のトラブルが起きたときは以下のことに注意してください。

 

  • ・まずは落ち着いて原因を探す
  • ・原因にあった正しい対処をする
  • ・無理やり回したり、抜き取ろうとしない
  • ・一番安全安心なのは、業者の人に任せること
  • ・ゴミが鍵や鍵穴に付着することで鍵が壊れる
  • ・車の鍵の不具合は車の操作が原因なこともある
  • ・定期的に鍵穴のメンテナンスをすることも大切
  •  

    この記事で紹介した要点をまとめました。鍵のトラブルがあったら、できるだけ早くプロに相談しましょう。

     

    • 0120-270-122
    • お急ぎの方へ
    • 無料メール相談窓口へ
    • 無料現地調査の依頼
    <