車・バイク・自転車の鍵を紛失した際の対処方法について

自転車や車、バイクの鍵を紛失してしまったときの対処法

 

「あれっ?鍵がない?」思わず冷や汗をかきながら、いやいやあるでしょ~と再度探してみてもやっぱりない。「どうしよう……」と、しばし時が止まってしまうあの状況、一度は経験済みの人が多いのではないでしょうか。

 

乗り物の鍵をなくすと、その場から動けない上に明日以降の行動にも大きな影響が出てしまいます。その上、予定外の手痛い出費も…。今回は、よくある自転車の鍵トラブルを始め、車やバイクの鍵を紛失してしまったときなど、ケースごとに正しい対処を選ぶための手助けになる情報をお伝えしたいと思います。

 

目次

 

自転車の鍵をなくしたときの対処法

「鍵をなくした」「ダイヤル式ロックの暗証番号を忘れた」「鍵がこわれて鍵穴に入らない」こういったトラブルが多いのが自転車です。

 

予定外の徒歩移動は距離的につらいはずですし、今日は何とかなっても翌日以降の移動手段が困りますよね。できる限り早く自転車に乗って帰りたい、または少しでも安い方法で手を打ちたい、そんな時はどのような対処をすればいいのでしょうか。

 

近くに自転車屋さんや警察署があれば持ち込む

近くに自転車屋さんや警察署があれば持ち込む

 

例えば自転車置き場で鍵の紛失に気付いた場合、駅や大きな施設に隣接していることが多いので、ちょっと見渡してみると近くに小さな自転車屋さんやバイク屋さんがあるかもしれません。自転車屋さんなら普通の鍵ならまず開錠できますし、破錠しても新しい鍵をすぐ取り付けられるので、即日いつもの自転車ライフに戻ることができます。

 

自転車店の場合、新しいカギを付けてもらうことで開錠・破錠料金はサービスしてもらえることも多いようです。警察でも開錠に協力してくれることもありますので、近くに警察署があれば持ち込んでみるのも一つの方法です。

 

どちらに頼む場合も、自転車を防犯登録していなければ、持ち主が自分であることを証明することができません。こんな時のためにも、防犯登録しておくことが重要ですね。

 

また、カギのタイプが一般的な馬蹄錠やワイヤー錠であれば切ることができますが、強度の高いワイヤー錠やブロックタイプは専門業者でないと難しいので自分では切れないでしょう。そのため、専門の自転車屋さんに持ち込むとよいでしょう。

 

自力で対処するには道具が必要

馬蹄錠はボルトカッター、直径1㎝のワイヤー錠にはワイヤーカッターを使います。細いワイヤーロックならニッパーでも切断できるようです。しかし当然ながら、駐輪場などでこういった作業をすると怪しまれてしまいますので、家に持ち帰ってからの作業をおすすめします。

 

どうがんばっても切断できない頑強なタイプの鍵は、自力ではケガの危険もありますので鍵業者へ依頼するのがいいでしょう。

 

急ぎでない場合はメーカーへスペアキーの作成を依頼

自転車の鍵が大手の鍵メーカーのものであれば、保証書に鍵番号が記されています。鍵を紛失したままの状態でも、鍵番号さえメーカーに連絡すればスペアキーを作ってもらうことが可能です。取り寄せにはある程度の時間が掛かりますので、その間に自転車が盗まれないようダブルロックなどをして対策をしておきましょう。

 

車・バイク・原付の鍵をなくした・開けられないときの対処法

車やバイク、原付の鍵紛失やメットインなどのトラブルに見舞われると、連絡は警察が先か?加入している保険会社か?はたまた鍵屋かディーラーか?と混乱してしまうのではないでしょうか。車やバイクの鍵の場合も、やはりケースごとに連絡先の優先順位や対応を依頼する相手が変わってきます。しっかり事前に確認しておきましょう。

 

インロックの場合無理に開けるのは厳禁

インロックの場合無理に開けるのは厳禁

 

インロックとは、車内へ鍵を置いたままロックを掛けてしまうことです。対処法は二つあり、自力でこじ開けるか、ロードサービスか鍵業者などのプロに依頼する。このいずれかです。

 

無料での解決を狙うなら、いわゆるピッキングを自分の車やバイクに行うことになるわけですが、針金や長い金属板を使って無理やりこじ開けるため、必ず成功する保障はありません。最悪、傷がついて補修費用が掛かってしまうこともあり、このケースはわりと多いようです。

 

その点、ロードサービスは会員であれば無料の場合もあるので一番おすすめできます。会員でない場合はある程度の金額になりますので、いくつかの鍵業者と費用を比較した上で選んだ方がいいでしょう。

 

また、サービス内容なども確認しておくと安心です。複数の業者を比較して、一番お得で安心して依頼できる業者を選びましょう。

 

鍵を紛失してしまったときには

次に、自分の車の鍵を紛失してしまった場合の対処法です。もしそれが自宅から出かける間際のことで、家にスペアキーがあればひとまず解決できるのですが、スペアキーも使えない状況での紛失であれば潔く下記の対処を行うしかないと言えるでしょう。

 

 

【警察へ遺失届を提出しにいく】

鍵を紛失したら、まずは警察署へ行きましょう。なくした鍵がスマートキーの場合は最悪車ごと盗難にある可能性もあります。また、警察へ行ってみれば、もしかしたら誰かが鍵を届けてくれているかもしれません。

 

警察官に、落とした場所と状況、鍵の特徴についてしっかり説明する必要がありますので、鍵の紛失に気付くまでの行動や記憶を整理しておいてください。残念ながら鍵が届いていなかったら、遺失届を記入し提出します。遺失届は、地域によってはネットから申請できることもあります。

 

 

【緊急時には鍵業者へ依頼する】

鍵のトラブルに最も強いのは当然ながら鍵業者です。ディーラーよるも断然、迅速な対応で施工してくれるでしょう。大手ならほとんどの車種に対応可能ですので、電話であなたの車についての詳細情報を伝え、現状説明(駐車場にある、バッテリーがあがっている)をしてください。その際、イモビライザー搭載車かどうかも重要な情報となりますので忘れずに伝えましょう。

 

また、車は鍵がないとエンジンがかからないので、その場で鍵を作成してくれる業者に依頼することで、すぐに車を運転することが可能でしょう。依頼する際にも、その場で鍵を作成してもらえるのかなども聞いてみると安心です。

 

 

【時間に余裕がある場合はディーラーに依頼する】

ディーラーに依頼するメリットは、修理や交換で使うものが純正品のためトラブル発生のリスクが少ないことです。しかしデメリットとして、鍵業者よりも時間と費用がかかることは覚えておいた方がいいでしょう。

 

そしてディーラーに依頼する際には、納車時に受け取った書類に記載されているキーナンバー(鍵の識別番号)が必要になりますので、万が一に備えて車載しておくかメモしておくと安心です。

 

レンタカー・カーシェアリングの場合

レンタカーや、カーシェアリングの車の鍵を紛失してしまった場合は、すぐに営業所へ連絡しスペアキーの所在を確認します。もし遠方にある場合は、対応してもらうまでに時間が掛かってしまうかもしれません。

 

希望の時間までにスペアキーの受け取りが難しく、待てる状況にないといった場合は、自分で鍵業者へ依頼しなければならないケースもあります。会社によってケースごとの対応が変わってきますので、よく状況を伝え、詳しく確認するようにしましょう。

 

イモビライザーが搭載されているかどうか判別する方法

イモビライザーキーとは、車の盗難を防ぐための電子セキュリティーで、鍵内部に埋め込まれたIDチップ情報と車体側のIDとが一致しなければ、エンジンがかけられない仕組みになっています。

 

鍵業者やディーラーなどに連絡する際は、事前に車がイモビライザー搭載車かどうかを調べておきましょう。下記の場所をチェックすれば判断することができます。

 

  • ・メーター周りにインジケーターランプ(鍵のマーク、SECURITYの文字)があるか
  • ・フロントガラスにイモビライザーステッカー(車と鍵のマーク)があるか
  •  

    まとめ

    自転車や車、バイクの鍵をなくしてしまったら、

     

  • ①まずはもう一度探してみる
  • ②鍵業者に相談する
  • ③ディーラー、ロードサービスに連絡する
  • ④警察に遺失届を出す…
  •  

    といった対処を行います。実際に最も確実な手段として利用されるのは鍵業者かディーラーに依頼するという手段です。鍵業者のメリットは最も多く、業者間比較が可能なため対応の早さと値段の安さ、サービスの良さから自分に合った鍵業者を選ぶことができます。

     

    急ぎでなく、費用がかかっても純正品での対応を優先したいのなら、ディーラーに依頼するのが最も安心です。インロックの解決だけならJAFやロードサービスに依頼するのもいいでしょう。それぞれの特徴をふまえて、あなたの状況に合ったベストな依頼先を選べるといいですね。
    • 0120-270-122
    • お急ぎの方へ
    • 無料メール相談窓口へ
    • 無料現地調査の依頼
    <