鍵が折れてしまった!自分でできる対処法と注意点

鍵が折れてしまった!自分でできる対処法と注意点

 

金属でできている鍵はどんな使い方を仕手もそう壊れることがないだろうと思われがちですが、何の前触れもなく突然折れてしまうこともあります。

 

突然の事態に、焦って自力で引っこ抜こうとするなど無理をしてしまいがちですが、被害を最小限に抑えるためにはしていいこととしていけないことを理解して行動しなければなりません。

 

鍵が折れてしまったときは、どう対処するのが正しいのでしょうか?玄関ドアなどの鍵が鍵穴の中で折れたときの適切な対処と併せて、NGな行動についてもご紹介します。

 

目次

 

鍵が折れてしまった時の対処法

頑丈そうに見えて案外もろい鍵。ちょうど鍵を開けようとした拍子にボキッと折れてしまうことがあります。長年の経年劣化や荒い使い方をすることによってかかる無理な負荷がおもな原因です。

 

もし折れてしまったら、どうすればよいのか焦るかもしれません。しかし、焦る前にできることはあります。ここでは、自分でもできる対処をお伝えします。

 

鍵穴から折れた鍵先が出ている場合

鍵穴から折れた鍵先が出ている場合

 

鍵が折れたとき、鍵の先が鍵穴からはみ出ている場合はラッキーです。はみ出ている部分をつまみ出しましょう。

 

つまみ出すときはペンチのような道具が役立ちます。ペンチの先でそっとはさみ、ゆっくりと手前に引いていきます。

 

せっかく見えている鍵先が鍵穴に入り込んでしまわないように、落ち着いて慎重に作業しましょう。もしも急なトラブルに見舞われたことでとても焦っているのであれば、深呼吸をする、時間を置くなどして心を落ち着かせます。

 

鍵穴から折れた鍵先が出ていない場合

破片が出ていない状態でも、諦めるのはまだ早いです。折れた鍵先が鍵穴付近にある場合、ドライバーなど細いもので慎重にかき出すことで取り出せる場合があります。

 

細いドライバーなど棒状のものを用意します。ドライバーの先を鍵穴の隙間に差し、鍵穴に挟まっている鍵の破片を手前に寄せ出すようにして取り出します。この方法を試すときは、ドライバーの先で鍵穴内を傷つけないように十分に注意しましょう。

 

折れた鍵の欠片が鍵穴の奥深くに張り込んでいたり、隙間に挟まっていたりすると、抜きだすのは難しいでしょう。鍵穴を傷つければ鍵穴も交換しなければならないならなくなります。無理矢理取り除こうとするのはやめ、的確に状況判断しましょう。

 

困ったときはカギのプロへ

破損した鍵が奥に入り込んでしまっているときは、自分で躍起になるのではなく、業者に任せるのが吉です。

 

鍵のプロは鍵についての知識と技術を多く持ち合わせているため、極力鍵穴を傷つけることなく安全に対処してくれます。対処が早く済み、修理・交換にかかる料金を安く抑えることにもつながります。

 

鍵を取り除いてもらったあとには、スペアキーの作成やシリンダーの交換などもついでに頼むこともできます。24時間365日電話に対応してすぐに駆けつけてくれる業者もあるので、夜遅い時間や休祝日のトラブルも安心です。

 

鍵が折れた時に気をつけるポイントとは

中折れしてしまったときの対処方法として、先ほどご紹介した方法以外にも効果的だとうたわれている方法がいくつかあります。

 

しかし、それらの方法を試すのは危険です。誤った対処法でかえって被害が大きくなってしまうことがあるからです。いくら焦っていても、対処するときは試していいこととやめた方がいいことを冷静に判断しましょう。

 

鍵が折れたときにしてはいけない4つのこと

鍵が折れたときにしてはいけない4つのこと

 

次に挙げる4つのことは極力しないようにしましょう。

 

折れた鍵の先を押し込む


鍵を取り出そうと四苦八苦しているとき、折れた鍵先を押し込んでしまえば取り出すのは困難です。自分では無理だと判断して業者に依頼したとしても、時間とコストが余計にかかってしまう可能性があります。自信がなかったら触れずに業者に電話しましょう。

 

取り出せそうにない欠片を無理に取り出そうとする
折れた鍵が内部のピンなどの部分に引っかかっている場合、無理に引き出すと内部を傷つけてしまい、故障につながります。精密な鍵は少し損傷するだけで使えなくなってしまうので注意しましょう。

 

接着剤で取り出す
瞬間接着剤などを針金など細い道具につけて接着させて引き抜こうとする方法がありますが、大変危険です。鍵穴の内部に接着剤がつくと、鍵の抜き差しが困難になり、鍵穴ごと交換する羽目になる可能性が高いです。

 

取り出しやすくするために鍵専用ではない潤滑油を挿す
鍵が取り出せたとしても、その後鍵穴の調子が悪くなる可能性大です。鍵穴の中にはホコリや小さなゴミなどがたくさん入り込みます。それらのゴミが油分によって鍵穴にへばりつくと抜けない、鍵が回らないなどの故障を引き起こしてしまいます。

 

鍵折れトラブル回避のための対策方法

鍵が突然折れてしまうトラブルを防ぐために、以下の5つについて注目しておきましょう。

 

スペアキーを作る


スペアキーがあれば、急に鍵が折れてしまっても欠片を取り除くことさえできれば鍵を開けることができます。もしものために、早めに作っておきましょう。

 

定期的に鍵や鍵穴をチェックする
月に一回、または数か月に一回程度でもよいので、定期的に鍵の調子をチェックしましょう。鍵が古いのであれば鍵穴専用の潤滑油を挿すなど、メンテナンスも大切です。

 

接着剤のついた鍵穴は交換する
接着剤で鍵を取り出した場合、鍵穴を交換せずに使いつづけずすぐに交換します。鍵穴に接着剤がついていると鍵が滑りにくくなり、再びトラブルを招いてしまいます。

 

鍵が不調なときは早めに交換する
鍵が回りにくい、鍵が曲がっているなどの症状がみられるときはすぐに交換することが大事です。このような不調が突然の折れを招く原因になることがあります。

 

鍵トラブルが起きたときに頼る業者を決めておく
トラブルが起きたときにどこに頼るべきかわからないと、対処に時間がかかってしまいます。信頼できる、費用が安い、24時間いつでも対応してくれるなど、自分にとって都合の良い業者をあらかじめ見つけておくと安心です。

 

鍵が突然折れると家に入れなかったりして焦ってしまいます。すぐに予定が入っているのに鍵のせいで間に合わない…なんてことにもなるかもしれません。ふいに鍵が折れてしまったとしても困ることがないように、これらの対策を施すことが大切です。

 

まとめ

 

  • ・折れたカギ先が鍵穴から見えるなら、
  • ・先が見えない場合はドライバーなどを隙間に入れて取り出す
  • ・鍵穴を傷つける恐れがあるので絶対に無理はしない
  • ・早さと安さを両方求めるなら専門業者への依頼がおすすめ
  • ・無理に引き抜くのはやめ、接着剤や鍵専用でない潤滑油の使用もしない
  • ・スペアキーを持つ、鍵を定期的にチェックするなど、対策をすることも重要
  •  

    • 0120-270-122
    • お急ぎの方へ
    • 無料メール相談窓口へ
    • 無料現地調査の依頼
    <