DIYで鍵交換!取り替え方法についてご紹介します

DIYで鍵は交換できる!方法とおすすめの鍵をご紹介します

 

家の安全のために欠かせない鍵は、定期的に交換することが大事です。古くなった鍵は確実に劣化していて、いつ故障が起こるか分かりませんし、最新の鍵に変えれば防犯性も一気にアップするからです。

 

「鍵を交換すべきだと分かっていても、業者は費用が高く感じる」と、交換することから避けてしまっていませんか?実は、鍵は自分で交換することもできます。

 

今回は、鍵をDIYで交換したい!という方のために、交換方法と気になる鍵の危険性、そして交換する際の注意事項を解説します。

 

目次

 

鍵の交換方法

自宅の玄関や引き戸などの鍵は自分で交換できます。DIYなら業者への依頼で高額になりがちな費用もぐっと抑えることができるので、とてもお得です。

 

鍵交換を成功させるコツは、何よりも手順をしっかりと守って一つ一つの作業を確実に行うことです。ここでは一般的なドアノブとシリンダーが分かれているタイプの鍵の交換方法を3ステップでご紹介します。鍵の種類によって手順が異なるので、自分の鍵の取り外し・取り付け方法も事前に確認しておきましょう。

 

1.交換できる鍵かどうか調べる

1.交換できる鍵かどうか調べる

 

そもそも、今設置されている鍵は自分で交換できるタイプのものでしょうか?鍵の種類によっては、高度な知識と技術が必要な場合もあるので、はじめに鍵の交換が可能かを確認します。

 

シリンダー自体や、鍵穴、ドアの側面についているロック部分にメーカーの名前や型番などの鍵情報が記載されているので、チェックします。

 

鍵の型番が分かったら、インターネット上のメーカーのサイトなどを通して自分でも交換可能なタイプなのかを調べましょう。電子錠など、特殊な鍵は自分では無理なことがあります。交換したいときは業者に相談しましょう。

 

2.既存の鍵を取り外す

 

  • ① +-両方のドライバーを用意する
  • ② ロックがかかるフロント部分の金属をドライバーで外す
  • ③ 金属プレート外した場所にある固定ピン2本を抜く

 

固定ピンを無事引き抜くと、シリンダーが取れます。固定ピンを引き抜くときは、マイナスドライバーを使って慎重に作業します。レバーとシリンダーがくっついているタイプの場合は、レバーがある面にもネジがあると思いますので、そのネジを外す作業からはじめます。

 

3.新しい鍵を取り付ける

 

  • ① 新しいシリンダー錠を用意する
  • ② シリンダーをはめ、ネジで固定する
  • ③ ピンを先ほど抜いた部分に挿し込む
  • ④ フロント部分の金属板をネジで固定する

 

このように、シリンダーの設置は取り外したときと逆の手順を踏んでいくだけなので簡単です。設置した後は、錠前の設置面に不備がないかを確認して、鍵を開け閉めできるかどうか確認したら完了です。

 

鍵をかっても無意味?防犯効果の薄い鍵がある

自分で鍵を交換するとなれば、悩むのが新しい鍵の種類ではないでしょうか?多種多様なタイプの鍵が販売されていて、「どの鍵が自分の家に合っているのかわからない…」と途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。

 

安く済ませたいからと安価な鍵を選ぼうとしている方もいることでしょう。安さでいえばピンシリンダーやディンプルシリンダーといったシリンダー錠が手に入りやすいですが、両方とも防犯性が全く異なるため、鍵選びではとくに気にしたいところです。迷いがちな鍵選びでの注意すべき点と、防犯性の高い鍵の理由について迫ります。

 

シリンダーキーの危険性

シリンダーキーの危険性

 

シリンダーキーは一般的な住宅で広く使われているタイプの鍵です。鍵穴に手持ちの鍵を挿し込んで回すと開け閉めすることができるような仕組みで、誰もが使いやすい設計になっています。

 

鍵と言われると、先がギザギザしたタイプを思い浮かぶ方がほとんどだと思います。ギザギザしている鍵はディスクシリンダーもしくはピンシリンダーという種類で、シリンダーキーに分類される種類の一種です。多くの場所で使われていますが、実際のところは構造上ピッキングされやすく、ものの数十秒で鍵を勝手に開けられてしまうケースもあるようです。

 

防犯性は高いとは言えないので、鍵を交換する際にはできるだけほかの種類を選んだ方がよいかもしれません。まだ今、ディスクシリンダーやピンシリンダーを使っている方は、早めに交換しておくと防犯対策となるでしょう。

 

ディンプルキーが安全と言われるワケ

シリンダーキーの中でも、防犯性の高い鍵もあります。なかでもおすすめなのがディンプルシリンダーキーです。ディンプルシリンダーキーの特徴は、鍵先に丸または楕円のくぼみがいくつも付いていることです。鍵穴に挿し込むと、丸いくぼみが中のピンと合わさり、押し上げることで鍵の施錠・解錠ができる仕組みです。

 

ギザギザのシリンダーキーとは違い、ディンプルシリンダーキーの構造はピッキングにとても強いです。鍵穴の中の構造がより複雑なので、こじ開けるのが困難になります。

 

ほかのシリンダーキーに比べると高価になりますが、防犯性など性能のことを考えると、取り入れて損はない鍵といえるのではないでしょうか。

 

鍵交換時に気をつけるコト

鍵穴のDIYは比較的簡単に作業できますが、適切な鍵を取り付けるのには知識が必要です。鍵の交換を始める前に、まずは使っている鍵やドアノブの種類を確認し、設置するのに最適なタイプのものを購入しなければなりません。とくに引き戸なら鍵選びに要注意です。鍵交換をする際に気を付けたいポイントについてまとめていきます。

 

引き戸は鍵を交換しても安心できない場合がある

引き戸は鍵を交換しても安心できない場合がある

 

和風の住宅でよく使われていて、バリアフリー化が著しい現在取り入れる家も増えてきているのが引き戸です。しかし引き戸は、開き戸に比べて防犯性が低くなりがちなことをご存知でしょうか?シリンダーもないクレセント錠が使われていればもっと危険です。

 

その理由は扉の構造にあります。引き戸には2枚の扉が使われており、2枚の扉の接続部分に隙間があるため、どうしても壊されやすくなってしまうのです。

 

引き戸では、戸自体の防犯性の低さによって、自分で鍵を交換してもあまりメリットが見込めません。開き戸と同じように鍵を取り付けるだけでは、鍵の防犯性は十分とはいえませんので、さらなる防犯強化が必要です。

 

引き戸でどうしても鍵交換をして防犯強化したいときは、引き戸専用の鍵を使いましょう。締錠などを使ってツーロックにするのも効果的です。ただし、引き戸によっては、鍵を交換したいときは扉事交換しなければならない場合もありますので、鍵を勝手に取り外す前に鍵だけの交換が可能なのかをしっかりと確認しましょう。引き戸以外の扉にリフォームするという方法もあります。

 

確実な鍵の交換をするためには

どの鍵でもよくある失敗例が、鍵のサイズを間違えてしまうことです。鍵を交換する前に、鍵の寸法を正確に測りましょう。寸法が違っていると、取り付けることができないことがあります。そうなれば新しい鍵を購入した費用が無駄になってしまいます。

 

また、サイズの合っていない鍵を無理やり設置するのもやめましょう。扉や鍵が悪くなる可能性が高いからです。再び壊れてしまえば、もっと大きな出費が必要になるかもしれません。

 

サイズ間違いは、費用を安く抑えたいとおもってDIYをしたのに、結果的に損失を招いてしまいます。正確な採寸に合わせて、適切なサイズと種類の鍵を選びましょう。

 

もしも「採寸が正しいか不安」「どの鍵がいいのかわからない」といった悩みがあるのであれば、鍵のプロにお任せするのが手っ取り早く、安心です。不安なままでは失敗を招いてしまいますので、まず一度相談だけでもしてみるとよいでしょう。

 

まとめ

 

  • ・鍵交換のDIYでは、まず交換可能な鍵かを調べ、取り外し・取り付けをおこなう
  • ・鍵の形状や種類によっては手順が違うことがあるので、説明書も参考にする
  • ・シリンダーキーの中では防犯性の高いディンプルシリンダーキーがおすすめ
  • ・先がギザギザの鍵は防犯性が低いので注意が必要
  • ・引き戸の鍵交換は、防犯性が甘くなるのでさらなる強化が必要
  • ・引き戸専用の鍵を使ったり、扉自体を交換したりする方法が安心です
  • ・サイズが適した鍵を設置しないと、失敗やさらなる故障につながることも

 

  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<