鍵開けや紛失時の複製…気になる費用相場について

鍵開けや紛失時の複製…気になる費用相場について│

 

 

鍵に起きてしまうトラブルは紛失してしまったり、故障してしまったりとさまざまです。突然トラブルが発生することもあるので、できるだけ早く対応できるように知識をつけておくといいかもしれません。

 

 

トラブルの解決方法として、業者に依頼する方法があります。業者に依頼をするとなると気になるのが費用です。費用がわからないと不安ではありませんか?

 

 

この記事では、鍵のトラブルを業者に解決してもらうときの費用について詳しく解説していきます。玄関の鍵だけでなく、車や金庫の鍵のトラブルを解決するときの費用も紹介するので、知識をより深めることができるのではないでしょうか。

 

 

最後には、信頼のできる業者を選ぶためのポイントもあるので、参考にしてみてください。早く解決したいと焦らず信頼のできる業者を見極めることが大切です。

 

 

目次

 

 

自宅にて鍵のトラブル発生!依頼した時の費用はいくらなのか?

鍵は生活するうえでとても大切なものなので、鍵のトラブルが起きてしまったらできるだけ早く解決しましょう。しかし、鍵のトラブルは突然起きてしまうこともあります。そんなときにすぐに対応できるように情報を少しでも多く持っておいた方がいいでしょう。

 

 

業者に依頼して鍵のトラブルを解決するときの費用について詳しくお話していきます。業者に依頼するときに一番気になるのが費用です。この記事を読んでおくことで、費用の目安を知ることができます。

 

 

鍵開け

鍵開け

 

 

鍵をなくしてしまい、早く開錠しなくてはいけないときは、鍵開けを依頼する必要があります。また、車の中に鍵を閉じ込めてしまったときにも、鍵開けをすることになるでしょう。

 

 

ディスクシリンダーキーなどの一般的な鍵であれば、比較的安価に解錠してもらうことができます。しかし、ディンプルキーなど防犯性能の高い特殊な鍵の場合は、費用がやや高くなってしまいます。

 

 

鍵開けを業者に依頼するときの費用は、鍵の種類によって異なります。車の鍵の場合は、国産車より外国車の方が高くなってしまいます。外国製の鍵は、日本では主流ではない素材を使用しているケースも多いです。複製する作業に手間がかかってしまうので、その分費用も高くなってしまうのでしょう。

 

 

また、車の開錠を高速道路上で行う場合は、業者の作業費に加えて追加料金が発生するので注意しましょう。

 

 

鍵の作成

鍵を無くしてしまったときや、スペアキーとして複製したい場合は鍵の作成を依頼しましょう。鍵の作成は、元鍵や鍵穴から作成してもらうことができます。簡単なものであれば、そこまで費用をかけず短時間で作成が可能です。

 

 

精度が必要な鍵の場合は専用の機材や、メーカーへ注文しなければいけないので、費用も時間もかかってしまいます。鍵の交換も鍵開けと同様、鍵の種類によって費用は異なるでしょう。

 

 

鍵の交換

鍵を紛失してしまい、複製では不安という方は鍵の交換を依頼しましょう。また、防犯性の高い鍵にしたいと鍵の交換をする方も多いです。

 

 

鍵の交換の費用は、設置するドアのサイズや対応した鍵などで変動します。ディスクシリンダーキーとディンプルキーでは場合によっては2倍近い値段差が発生することもあるのです。ディンプルキーは防犯性が高いものなので、その分作製も大変になり費用が高くなってしまいます。

 

 

自身で取り付ける場合は設置する鍵代金だけで済むでしょう。ホームセンターやインターネットで部品を購入することができます。しかし、鍵の種類や形状がそれぞれ異なるため、ドアに合わないものを購入してしまうかもしれません。あったものを購入するにも、交換作業をするにも知識が必要です。

 

 

その他の鍵のトラブルが発生した場合

鍵のトラブルが起きるのは、玄関だけではありません。鍵の種類やトラブル箇所によっては費用が多く発生することもあるので注意しましょう。玄関以外で鍵のトラブルが起きる可能性がある場所や費用を紹介します。

 

 

金庫など、特殊な鍵の場合

金庫など、特殊な鍵の場合

 

 

金庫の鍵を紛失してしまった場合や、暗証番号を忘れてしまった場合は、開錠や複製を依頼することになります。金庫の鍵など、特殊な形状をしている鍵の開錠や複製は高額になるので注意しましょう。開錠と複製でそれぞれ費用が発生します。鍵やダイアルの交換に比べて修理だけの場合は比較的費用を抑えることができるでしょう。

 

 

また、外国製の鍵など特殊な形状のものも高額になります。日本で主流ではない素材を使用しているケースは、より価格が高くなってしまうでしょう。一般的な形状ではないので作業が大変になってしまいます。

 

 

車の鍵の場合

車の鍵でも抜けない、紛失したなどのトラブルが起きてしまうのです。状況にあったものを業者に依頼しましょう。

 

 

リモコンタイプなど特殊な鍵は、開錠するための作業が難しいので費用も高くなる可能性があります。特殊な車の鍵を複製する場合はディーラーなどに頼む必要があり、価格がかなり高額になる場合があるので注意しましょう。

 

 

また、イモビライザー搭載車であっても、鍵開けだけならば費用は比較的安く済みます。イモビライザーはエンジンの始動のみかかわるものなので、開錠だけであれば特に多額な費用は発生しません。

 

 

レンタカーのカギに不具合が起きてしまったときは、まずレンタカー会社に連絡をします。会社によって対応が異なるので、勝手に鍵に手を加えてしまったらトラブルになるかもしれません。

 

 

鍵トラブルを回避するために気をつけておきたいコト

最近は鍵にまつわるトラブルが増加しています。突然鍵に問題が発生すると、早く解決をすることが第一になってしまいやすいです。正しい判断ができなくなってしまうので注意しましょう。事前に以下のことを知っておくことで、トラブルが起きてしまったときに対処しやすくなります。

 

 

信頼できる業者かどうか判断する

信頼できる業者かどうか判断する

 

 

信頼のできる業者を選ぶためのポイントがあるので、参考にしてみてください。

 

  施工前にかかる費用を伝えてくれるか

相談をしている時点でも、見積もりなど料金を詳しく教えてくれる業者を選びましょう。事前に費用の目安を教えてくれる業者は親切ですし、安心して任せることができるのではないでしょうか。

 

 

 

  実績のある鍵屋かどうか見極める

質問や相談をすることで、実績のある業者かを見極めることができるかもしれません。実績のある業者であれば、質問の返答も的確で戸惑ったりしないでしょう。このように、業者の対応方法なども確認しておくといいかもしれません。

 

 

 

  深夜料金がかかるかどうか

24時間対応している業者も多いです。そのため、夜中にトラブルに巻き込まれてしまっても対処してもらうことができます。ただし、深夜料金が発生することもあるので確認しておくと安心です。

 

 

 

  費用の内訳を明記してあるかどうか

見積りをしたときにひとつひとつの費用の明記がされているかの確認をしましょう。また、ホームページに費用について詳しく記載されているかなどもチェックしておくと安心です。詳しく内訳が書いていないと費用が見合っていない可能性もあります。損をしてしまわないように、きちんと費用の内訳を確認しましょう。

 

 

早く対応しようとしてすぐに業者を選んでしまう人が多いです。きちんと信頼のできる業者を見極めてから依頼しないと、トラブルにつながってしまう可能性もあるので注意しましょう。事前に業者について情報を集めておくことが大切です。

 

 

相見積りを取る

鍵のトラブル時にかかる費用を知りたい場合は、業者に相見積もりを出してもらうことが一番早いです。実際にその業者に依頼した時の費用を知ることができるので、依頼するときにも安心でしょう。

 

 

また、複数の業者に見積もりを依頼して比較することできます。平均的な金額を知ることができるので、多額の請求をしている業者を見極めることも可能です。見積りをすることはメリットが多いので、見積りを依頼するようにしましょう。無料で行っている業者もあります。無料だと損をすることもないので気軽に利用できるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

この記事では、鍵にトラブルが発生した際に、業者に解決してもらうときの費用について紹介しました。費用について特に大切なことをまとめます。

 

 
  • ・鍵の種類によって費用は異なる
  • ・ディスクシリンダーキーよりディンプルキーの方が高い
  • ・金庫の鍵や外国製の鍵は比較的高くなる
  • ・車のリモコンタイプの鍵は通常の鍵に比べ高い
  • ・見合った費用にするためには業者選びが大切
  •  

     

    鍵に不具合が起きてしまい、業者に依頼するときは上記のことをふまえておきましょう。費用についてのトラブルは発生しやすいので、きちんと業者について調べておくことが大切です。納得のいく条件のうえ依頼しましょう。

     

     
    • 0120-270-122
    • お急ぎの方へ
    • 無料メール相談窓口へ
    • 無料現地調査の依頼
    <