メンテナンスの大切さ

2016.02.17
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kagirits/kagi-rits.jp/public_html/wp-content/themes/shiroari-3.0-twentyeleven-child/single.php on line 87

玄関の鍵は毎日使うものなので鍵の中でもトラブルがおきやすいものです。鍵が挿しにくい、回しにくい、施錠しにくいなど普段の生活の中で少し調子が悪いなと思うことはありませんか?鍵の不調を感じられたときには早めに鍵のメンテナンスをすることが大切です。メンテナンスをしないでそのままの状態で鍵を使い続けていると突然鍵が使えなくなる可能性も。鍵の調子が悪くなるのにはちゃんと原因があります。まず一つ目は鍵穴にゴミが溜まっていることです。鍵穴は狭く細いのでゴミが溜まるという認識があまりないですが、普段の鍵の抜き挿しの際にも微量ではあるもののホコリやチリが鍵穴の中に入ってしまいます。たかがゴミ程度でと思われるかもしれませんが、鍵と鍵穴というのは数ミリ単位の組み合わせが一致することで施錠するこができます。そのため少しゴミが入っただけでも施錠できなくなることがあります。次に鍵穴の滑りが悪くなっていることです。鍵穴の中には最初から鍵が挿しやすいように潤滑油がさされています。この潤滑油は使っていくにつれてだんだん効果が薄れてきてしまうもので、効果が薄れることによって滑りが悪くなり鍵の抜き挿しがしにくくなります。ですが、定期的にメンテナンスをすることでこれらの問題も解消することができます。普段の鍵に対するストレスを減らすためにもメンテナンスは大事なのです。
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<