• 安心の明朗会計
  • 東証上場会社 万全のサポート体制
  • 鍵のプロによる対応
  • お客様満足度98%以上

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-270-122

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 	お急ぎの方へ

利用規約はこちら

鍵のトラブルなら何でもご相談ください!

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。

鍵開けから鍵の取り付けまでどんな鍵でも対応します!

  • 一軒家
  • マンション
  • 車
  • 原付・バイク
  • スーツケース
  • ロッカー
  • 金庫
  • 料金のご案内
  • 無料相談窓口

鍵をなくした時の対処方法について

小さな鍵はふとしたきっかけで落としてしまう事がありますし、持ち歩く頻度も高いため落としてしまう事が多いのです。鍵をなくした時には、焦ったりパニックになることがありますが、紛失後の対処方法を間違えれば、さらなるトラブルを引き起こす原因になりかねません。逆に言えば、正しい対処方法を覚えておけば焦らずに済むでしょう。ここでは鍵紛失時に取るべき対応についてご紹介していますので、万が一の際にはぜひお役立てください。


鍵を紛失しやすい場所について

鍵紛失は、以下のような場所で発生しやすいようです。もしも鍵を見失いましたら、このような場所を中心に調べてみてください。運が良ければ、それだけで鍵紛失は解決するでしょう。

・玄関
玄関は鍵を使う場所だけに、鍵紛失も起きやすいようです。棚の上に放置している場合もあれば、ふとした拍子に棚の隙間や靴の間などに落下してしまう事があります。

・鞄の中
鞄の中は暗いですし、荷物が多くなれば見つけるのは更に困難になってしまいます。また、複数の鞄を使用していたり、新しい鞄を購入したりして中身を入れ替える時に鍵だけ残っている事もあるようです。

・服の中
鍵は小さく、鍵単体をポケットに入れたまま忘れる事があります。また財布の中に鍵を入れていたとしても、鍵だけがポケットの中に残されてしまうということもあります。

これ以外にも、トイレで用を足している内に落としてしまったり、職場や車の中などで落としてしまうこともあるようです。
このような事が起きないように、鍵はチェーンやキーホルダーを使用する、鍵の定位置を決めるなどして、紛失しないように対策を講じておきましょう。


鍵を紛失した時の連絡先

もしもなくした鍵が所有している物件のものなら、誰かの許可を得ることもなく鍵開けや鍵交換が行えます。しかし賃貸物件や会社の鍵をなくした場合、勝手に対処をするのは避けなければいけません。鍵紛失の際は、落ち着いて以下の場所にご連絡ください。

・勤務先の会社
もしも勤務先の会社の鍵を紛失した場合は、その会社の上司、もしくは責任者などに報告しましょう。勝手に合鍵を作ってしまいますと、紛失した鍵を悪用されて、会社が大きな損害を被ってしまう恐れがあるためです。
会社によっては始末書の提出を求められたり、責任を問われる場合もありますが、速やかに報告することをおすすめいたします。そうしなければ、更に重い責任を問われることもあるでしょう。

・管理会社や大家さん
賃貸物件の鍵を紛失した時には、まず物件の管理者に連絡しましょう。合鍵を持っていれば家を開けてくれますし、その後の対応について指示が出ることもあります。また、鍵の交換をする時には物件所有者の許可が必要になることがほとんどなので、勝手に対処することでトラブルが起きることもあります。


紛失届は出しておきましょう

紛失した鍵が見つからないという時には、最寄りの交番や警察署に行って紛失届を出しておきましょう。
面倒な作業ではありますが、紛失届を出しておくことで手元に鍵が戻ってくる確率も上がります。また、すでに鍵が届けられている可能性もあります。また、各警察署のHPには落とし物が掲載されているページもありますので、紛失届を出す前に確認するのもおすすめです。


無理な鍵開けはトラブルのもと

鍵を紛失したことで家に入れない場合、鍵開けが必要になります。しかし、自分で無理やりこじ開けてしまえば、直るものも直らなくなったり、ドアやシリンダーが傷んでしまう事もあります。そうなると、鍵交換や鍵開けどころの騒ぎではなくなりますので、適切に対処してくれる鍵のプロを頼ったほうがいいでしょう。


鍵開けが必要になる場面や鍵開けの方法について


玄関の鍵開け

玄関鍵開けが必要になる場所の中でも、特に要注意なのは玄関の鍵かもしれません。
まず、玄関の鍵は特に防犯性が求められます。そのため、ご家庭によっては防犯鍵を取り付けていたり、複数の鍵を取り付けている場合もあるでしょう。これらは確かに防犯において頼りになりますが、その反面、鍵開けが困難になります。ご自身でこじ開けるのはほぼ不可能ですので、強硬手段に出ないようにしましょう。また、玄関の鍵穴はゴミが詰まったり、いたずらされたりする確率も高いです。鍵穴に異物が入った状態では鍵を回す事ができませんし、異物を取り除こうとしても鍵穴を傷つける事が多いです。

このように玄関の鍵開けは何かと厄介な事が多いため、その解決については鍵開けのプロに任せるようにしましょう。
防犯鍵や複数の鍵に対しても、破壊すること無く安全に鍵開けをしてくれます。異物の詰まりが原因の場合には、鍵穴の分解洗浄などを行うことによってスムーズに回るようになります。どのような作業を行うのかは、よくご相談されるのがよろしいでしょう。

また、不審者が本人になりすまして鍵開けを依頼するケースがあるため、鍵屋によっては作業前に身分証明書の提示を求める事があります。運転免許証や学生証でも構いませんので、事前に準備しておきましょう。


車・バイクの鍵開け

自動車車・バイクの鍵開けができなくなる原因としましては、まず鍵の紛失が考えられます。住宅の鍵などと比べれば大きいですが、それでも知らず知らずのうちに鍵を落としたり、どこかに紛れ込ませてしまうことはあります。
もう一つは、インロックが考えられます。インロックとは、鍵を車内に閉じ込めた状態でドアを施錠してしまうことです。バイクの場合も、メットインに鍵を入れて施錠してしまうというインロックの事例があるようです。

このような場合も、鍵開けをご依頼されるのがよろしいでしょう。旧式の車はこじ開けることもできましたが、近年の自動車は防犯性も高まっていますし、車に傷がつくのでおすすめできません。鍵屋ならば、様々な車やバイクの鍵開けに対応することができます。インロックなら鍵開けのみで解決できますし、鍵紛失の場合にはその場で合鍵を作成してもらうという事も可能です。

注意点として、こちらの場合も身分証明書の提示を求められる事があります。
また、紛失した鍵がイモビライザーキーの場合は、鍵屋によっては対応を断っている事があります。もしも鍵開けをご依頼されるのでしたら、紛失した鍵がイモビライザーキーか否かを伝えるようにしてください。


金庫の鍵開け

金庫金庫は貴重品を入れておくものだけに、鍵開けができなくなりますと一大事です。
しかし金庫はあまり頻繁に開けるものではないため、いつの間にか鍵を紛失していたり、ダイヤルの回し方や暗証番号を忘れてしまっているという事があるようです。また、放置している内に汚れが蓄積していたり、錆が発生していたりすることもあるようです。そのような理由で鍵開けができなくなりましたら、どうすればいいのでしょうか。

まず、力づくで破壊するのは避けてください。前述のように金庫は貴重品を入れているため、簡単には破壊されないようになっています。仮に破壊できたとしても、中に収められている物まで破損させてしまうおそれがあります。

金庫の鍵開けも、鍵屋におまかせください。一般的なシリンダー錠はもちろん、ダイヤル錠や暗証番号錠なども設定した番号を突き止めて開けてくれます。場合によっては鍵を破壊しなければならないこともありますが、そのときには新たな鍵も提案してくれます。


ロッカーの鍵開け

ロッカー

ロッカーの鍵は、鍵の中でも特に小さいです。そのため気づかない内に紛失していたり、折れてしまったりすることがあるようです。また、暗証番号を忘れてしまうこともあります。ロッカーの鍵は職場で毎日のように使用されていることも多く、トラブルが起きてしまいますと責任を問われることもあります。他の鍵と比べて防犯性が低いとはいえ、こじ開けるようなことは避けましょう。
ロッカーの鍵程度なら短時間で鍵開けしてくれるはずです。もしも鍵を紛失しているのなら、合鍵の作成や鍵交換をされるのもよろしいでしょう。ただし、そのロッカーの鍵が勤務先から渡されたものであれば、まずは鍵屋ではなく勤務先の上司や責任者に連絡を入れるようにしましょう。


このように、鍵開けが必要になる場面は多々あります。
しかし共通するのは「勝手にこじ開けるような手段をとらない」「鍵屋に開けてもらう」という点ではないでしょうか。昔の鍵なら漫画や映画のように素人がピッキングすることも可能でしたが、現代の鍵に対してそのようなことをしても、鍵穴を傷付けるだけになってしまう事が多いです。
無謀なピッキングは、事態を悪化させるばかりです。「鍵を開けられない」という状況は焦ってしまうかと思いますが、まずは落ち着いて、当サイトまでご相談ください。


カギ110番が選ばれる4つの理由

  • カギ110番はご自宅の鍵から金庫の鍵までさまざまな鍵に対応しております。また、価格も分かりやすく設定されており、お見積りからの追加料金が掛かりません。

  • 鍵トラブルは、いつ起こるかわかりません。仕事帰りに鍵開けをして欲しい、早朝しか時間がないけど鍵の修理を頼みたい…そんな鍵トラブルでお悩みの方のために私たちカギ110番は24時間365日、全国に受付対応しております。

  • 鍵のプロがご対応、即解決できるよう常に待機し、迅速・丁寧・安価を心がけたサービスを提供しております。

  • カギ110番をご利用いただいたお客様よりたくさんのご好評をいただいております。今後もお客様にご満足いただけますよう私たちカギ110番のスタッフ一同丁寧な対応を心掛けてまいります。
    ※弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

  • カギ110番とは
  • カギ110番と他社との比較について

ご利用の流れ

作業完了までの流れ図表

無料現地調査では
無料現地調査では
最善の方法を考えます
状況を丁寧かつ分かりやすく説明いたします
無料現地調査の依頼
無料現地調査について詳しく!
0120-270-122

※1 対応加盟店によって、作業前に料金の支払いをお願いする場合がございます。
※2 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

おかげさまで皆様からご好評をいただいております!

お客様の依頼傾向さらに詳しく

  • Aさん
    Aさんの場合
    24時間いつでも来てくれますか?
  • Bさん
    Bさんの場合
    電話での見積りだけで大丈夫?
  • Cさん
    Cさんの場合
    カギが折れて抜けなくなってしまったのですが…。
  • Dさん
    Dさんの場合
    金庫や車のカギを失くしてしまったのですが…。
  • Eさん
    Eさんの場合
    すぐ開きますか?
  • Fさん
    Fさんの場合
    カギのトラブルって色々あるけど…。
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

カギ110番の更新情報