最新情報・レポート

ICチップ内臓の鍵

玄関周りの防犯性能を高めるには、ピッキングがされにくい鍵を取り付けることが1番です。シリンダー内のピンの組み合わせを複雑にするほど、ピッキングに耐える時間が伸びていきます。中でもCP認定錠と呼ばれている鍵がおすすめです。CP認定錠とは、警察庁によって防犯性能が高いと認められた鍵の事を指し、約7割の空き巣が侵入を諦めるとされる「5分」に耐えることを基準に、多くの侵入手口に応じた厳しい試験をクリアした鍵の事を言います。このCP認定錠を取り付けることで、空き巣に侵入されるリスクを大幅に軽減することができます。また、なかにはピッキングが不可能とされている鍵もあります。それは、鍵にICチップが埋め込まれているものです。元々シリンダー内のピンも複雑にされている上、鍵に埋め込まれたICチップのコードが一致しなければ、解錠することができないため、ピッキングなどによって解錠することは不可能とされています。また、サムターン回しやドリリングのような破壊行為にも対応しているため、防犯性がかなり高いといえます。また、この鍵は登録制のため、メーカー以外で複製することができないため、知らないうちに鍵の方をとられ、合鍵を作られていたなんてこともなくなるのです。また、盗難にあったり、鍵紛失したりしても、ICチップのコードを向こうにできるため、安心できます。ご自宅の防犯性能が心配という方は、まず玄関の鍵交換から考えてみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼