最新情報・レポート

オートロックの鍵を紛失したときの対処法

最近のマンションなどは、共用のエントランスにオートロック式を導入している物件も数多くあるかと思います。非常に便利かつ防犯性も高くて良いのですが、もしも鍵を紛失してしまった場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?
オートロック式でないマンションの場合は、自分の部屋の鍵のみを交換することで問題を解決可能な場合がありますが、オートロック式の場合はまずマンション内へ入ることができず困ってしまいますよね?
今回はオートロックの鍵を紛失した場合の対処や注意点をご紹介していきます。







オートロックの仕組み

賃貸や分譲マンションなどで、近年採用される傾向が高いオートロックは、マンションの入口の自動ドアや、お部屋の玄関のドアが閉まったときに自動的にカギがかかるシステムです。
解錠方法は主に、暗証番号を入力することで解錠される仕組みの物や、指紋認証式、ノンタッチ式など様々な方法で解錠を可能としているものも多くなってきました。
高いセキュリティ効果が期待できるとして、マンションはもちろん一戸建ての住宅やホテルの客室でも採用される傾向があります。
エントランス部分にインターフォンマイクが付いているタイプならば、直接顔を合わせる必要がなく、不審人物も比較的判断しやすいのではないでしょうか。
指紋認証式のオートロックシステムを使用することで、指紋を登録した母親や父親などの信頼できる親しい人物が自由に出入りでき、恋人である彼氏や彼女でもいつでも入室が可能になります。
ノンタッチ式のタイプは、専用のICチップにカードキーを近づけることによりドアを解錠できるというシステムです。
最新の技術と言われているもので、ICチップが携帯電話にも搭載されているものもあり、ご自分が所持しているスマホをカギとして利用できるシステムもあるのです。
通常の鍵にありがちな鍵穴が回らないことや、ピッキング防止など、カギのトラブルとリスクを減らせるものとして有効とされています。


オートロックの鍵紛失が起きた際の費用に注意

マンションのエントランスなどでオートロックが採用されていた場合、暗証番号式なら番号を忘れたときも登録情報を変更するだけですむかもしれません。
しかしながら、カードキーなどを紛失してしまったときは一大事になる可能性があります。
オートロックの鍵を紛失してしまった場合、悪用の可能性もあるのでシリンダー部分ごと交換しなければならないこともあるので注意が必要です。
シリンダーごと交換する場合、交換費用も高くなるかもしれません。
セキュリティ効果が高い反面、紛失時のリスクが高い可能性があるので、鍵の管理については通常の鍵と同様しっかりしなければならないのではないでしょうか。
賃貸の場合は、賃貸契約内容にもよりますが、鍵紛失の責任を大家さんや管理会社が負うのではなく、基本的に賃借人である人が紛失の責任を取らなければならないこともあり、交換費用も全額負担する事態になることも考えられます。
もしもオートロック式のマンションをお探しなら、入居前に管理会社のホームページにログインして契約内容を確認したり、不明な点は積極的に質問して回答を得るべきではないでしょうか。
保険も不動産会社以外で加入することも可能とされているので、自分にあった業者を探して新規登録することも有効かもしれません。




オートロックの鍵を紛失したときの対処法

管理がしっかりしていても、盗難被害に遭ったり、不測の事態でオートロックの鍵を紛失してしまうこともあるかもしれません。
ではそんなときにどんな対処をしたらいいのでしょうか。
ここではオートロックの鍵を紛失してしまったときの対処法として例をご紹介しますので、確認していきましょう。

■どこで紛失したかの確認

車の鍵やロッカーの鍵などを紛失したときもですが、まず自分がどこまで鍵を所持していたのか、いつなくしたかを冷静になって考えてみることが大切ではないでしょうか。
いつ、どこで何をしていてなくしてしまったのを振り返ってみることで、現場で発見できるかもしれませんし、忘れ物や落とし物として届けられている可能性もあります。

■管理会社への連絡

オートロックの鍵の紛失は、悪用の危険性があるかもしれませんので、どうしても見つからない場合は管理会社や大家さんに紛失したことを伝える必要があるでしょう。
その際に鍵開けのプロを呼んで対処をすることがあるかもしれません。
契約上報告が義務となっている場合もあるため、その点についても入居前や契約時にしっかり確認しましょう。

■他の住民に助けをもとめる

管理会社への連絡をまずは優先するべきですが、すぐに入れないと困る場合は、賃貸の住民の方に一時的に解錠してもらうのも一つの手段かもしれません。
自分が不審者だと思われないように、お隣の住民の方や、顔見知りの方などを優先的に呼ぶのがいいでしょう。
日頃から協力し合えるように近隣住民とはコミュニケーションをとっておくことも大切ではないでしょうか。


オートロックの鍵交換の重要性

いくらオートロックのセキュリティがしっかりしていても、いざというときに正常に作動しないことがあるかもしれません。 鍵交換をすることの重要性を知ることで、トラブルを未然に防げる可能性があるので、確認していきましょう。

1.災害時の不具合を防げる可能性

お住まいの住宅付近で火災が起きたときや、地震が発生したときの影響でオートロックが故障してしまったら、大きなトラブルに繋がる可能性があります。
そのため、万能な防犯性能を誇るとされるオートロックも、故障箇所がないか、部品の寿命はきてないかなど定期的に点検する必要があり、必要であれば鍵交換することも大切です。
常に正常に作動することを確認できれば、安心できる方も多いのではないでしょうか。

2.暗証番号漏洩を防ぐ

暗証番号式のオートロックであれば、不注意や防犯意識の低下などで情報が外部に漏れてしまう可能性もあります。
危険性を回避するためにも、情報が他人に閲覧できないように制限を設けることができるものへ交換することも有効かもしれません。
場合によっては、指紋認証式に変更したり、カードキー式のタイプへ交換する方がセキュリティー強化につながるという場合もあるのではないでしょうか。


まとめ

オートロックはセキュリティ効果が高く、防犯において時代の最先端技術と言えるでしょう。
しかしながら防犯性能が高いからといって、安心しきってしまうと、鍵の紛失や鍵の悪用などのトラブルの可能性もあるため、油断はできません。
定期的に正常に作動するかの点検も必要で、鍵の管理も通常の鍵と同様に大切です。
もしも鍵を紛失してしまったとき、性能低下により交換が必要になったときは、オートロックの鍵に対する知識もあり、解錠や交換の技術がある鍵のプロに相談することをおすすめします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<