最新情報・レポート

近年増えてきたカードキーのメリットとは?

以前はオフィスビルやホテルなどでしか見かけることのなかったカードキーですが、近年マンションではカードキーを採用するところが増えてきたといいます。
磁気の力でかざして触れるだけで開錠・施錠できるカードキーは財布に入り、かさばらないスマートさも兼ね揃えていて、スタイリッシュな印象がありますよね。
もちろん、機能的な部分でもわたしたちが良く知る従来の鍵とは違うメリットがあります。
今回はカードキーを採用することのメリットと、持つうえで知っておかなくてはいけないデメリット、トラブル時の対処法などを紹介していきます。

カードキー

カードキーの特徴

カードキーには磁気情報などが記録されています。 いわゆる電子錠であるために、鍵の代わりとなる書込番号が情報として記録されています。磁気で記録されている暗証番号を読み取ることにより玄関ドアの施錠や開錠ができるものになります。

カードキーを使われているドアは、ピッキングの被害にもあうことがありませんし、防犯上優れているといわれています。
従来の鍵ですと合い鍵などを作られてしまうこともありましたが、カードキーにはその心配はありません。
賃貸住宅などでも導入され、セキュリティ強化をうたっているオートロックマンションが増えてきています。

カードキーのメリット・デメリット

カードキーのメリットとしては、手軽であることが挙げられます。
鍵はかざすタイプや差し込むタイプなどさまざまですが、センサーにカードキーを近づけるだけのワンタッチで開錠できるため操作性に大変優れています。

買い物や子供を抱いていて両手がふさがってしまっている状況でも手軽に鍵の開錠ができます。また、あたりが暗くなってきてしまって鍵穴が見えずに鍵がさせない、というようなこともなくなります。

複製されるような可能性がとても低くなっているのもメリットといえるでしょう。
鍵屋さんやホームセンターなどで簡単に合い鍵を作られてしまうといったことはありません。ストーカーや空き巣犯などの被害は抑えられるでしょう。

カードキー式ではオートロックの設定ができるために、鍵を閉め忘れてしまうということはありません。
また、薄型なので普段から財布やカードケースなど必需品に入れておけば荷物にならず、持ち運びに困ることもありません。

逆にデメリットとして、携帯しやすいために財布などに入れ、紛失してしまった場合にすべて一緒になくしてしまう…といった事例があります。紛失や盗難にあってしまった場合、カードを手に入れた誰でも簡単に出入りができるようになってしまいます。

また磁気カードの場合、他の磁気カードや金属製のものに触れているとだんだんとカード内の磁気情報が読み取れなくなってしまうことがあります。
また曲がったり折れたりしたカードキーも使用することはできなくなる可能性がとても高いです。

メリットで挙げた鍵の複製が簡単にできないことも、もし紛失時合い鍵が欲しい場合などにデメリットになってしまうこともあります。

オフィスに使用するメリット

外部の人間に立ち入ってほしくない場所なども会社によっては存在すると思います。社外秘の情報などがもれないように、関係者以外立ち入り禁止にする場所などには防犯性能を高めるために施錠をする必要性が出てくることも。
しかし、従来の鍵では出入りの多い場所で鍵を開けたり閉めたりすることはとても大変です。そういったときに、カードキーの利便性がとても有効なのです。

オフィスで使われるカードキータイプのものは、最近は磁気でなくICカードのタイプを使っている会社が高くなっています。ICカードタイプのカードキーはさまざまな情報を読み込ませておくことができるために、社員証代わりに使われることもあります。

また、役職によって開錠できる制限を変更し、許可のある社員のみ機密情報のある部屋に入る、などという設定も行うことができます。
だれが、いつ、どのフロアのどの部屋に入った、などの情報の更新日時や入退室のログを記録しておくことも可能なので、セキュリティ面の強化ができることが好まれているようです。

鍵束

自宅の鍵をカードキーに交換できる?

カードキーへの鍵交換を自宅でする方法としては、鍵の専門業者もしくは作成会社、また不動産屋に連絡を入れるのがいいでしょう。
カードキーの種類によりますが、特殊な工事が必要にならないシリンダーにカードキーを差し込むものでしたら、シリンダー交換のみでカードキーへの変更ができ、ドアノブなどの変更も必要ありません。

また非接触式ICカードキーにしたい場合は、配線作業の必要がない電池式、配線し電気を使用するタイプの電気式と2種類があります。どちらのタイプも安心して使用し続けるために、鍵のプロにお願いするのがいいと思います。

また、賃貸の場合は個人の判断で勝手に変えてしまうことは避けましょう。必ず管理会社に報告することが大切です。

カードキーの鍵紛失トラブルの対処法(紛失、壊れた場合) カードキーを紛失してしまった、カードキーが壊れてしまったなど、合鍵が欲しい場合には先ほど述べたようにホームセンターなどの鍵屋さんでは複製してもらうことができません。鍵屋さんにも、通常のシリンダー錠のように鍵開けをしてもらうことはできないでしょう。

発行元の業者に問い合わせ、鍵を複製してもらうことが必要になります。
しかし、セキュリティの面で理由なく合鍵作成ができないことも多くあります。作る場合には事前確認が必要になることもあります。また従来の鍵を複製するよりも、カードキーの複製は費用が掛かってしまいます。

まとめ

・カードキーは自分で保持している限り防犯面でも優れ、オフィスなどにも採用されているところが多い
・手軽で、ワンタッチで開錠できとても利便性が高い。また、薄くコンパクトなため持ち運びにも便利である。
・鍵の複製などがされづらいため、防犯性は高まるが、自分が紛失したときには再発行の手間がかかる。
・自宅の鍵をカードキータイプにしたいときは、持ち家であれば比較的簡単に取り付け工事を行うことができる。賃貸の場合は勝手に判断せずに管理会社に連絡することが重要である。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<