最新情報・レポート

頼りになる防犯設備士

日本では、犯罪の発生件数が減少していると言われています。実際に、2002年頃をピークに犯罪は減少傾向にあります。しかし、全ての犯罪が無くなったわけではありません。油断していればすぐに狙われてしまう危険もありますので、ご自宅の防犯対策を忘れないようにしましょう。
しかし、一口に防犯と言っても様々な選択肢があり、具体的にどうすればいいのかわからないという方も多いかと思います。そのような方は、防犯の基本でもある鍵について見直してみてはいかがでしょうか。その際に頼りになるのが、防犯設備士の資格を持ったスタッフです。

防犯設備士とは、簡単に言えば防犯機器の知識と正しい使い方を習得したという証明です。国家資格ではありませんが、この資格を持っているスタッフは防犯において信頼できると言えるでしょう。
資格を得るためには、防犯設備士の養成講習を受講し、その上で資格認定試験に合格しなければいけません。試験では防犯設備の知識だけでなく、電気の知識や技能も要求されます。さらに資格を得た後には3年毎の資格更新も義務付けられていますので、「何年も前に資格を取ってそれきり」という心配もありません。

鍵屋のスタッフの中には、この防犯設備士の資格を持ったスタッフも存在します。鍵屋をお探しの際には、この資格の有無を参考にされるのもよろしいでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<