最新情報・レポート

電子錠や機械錠の暗証番号管理について

鍵を差し込んで解錠を行う各種シリンダー錠と異なり、電子錠や機械錠と呼ばれるものは、暗証番号により解錠を行います。 鍵が必要ないので、鍵を忘れて解錠出来なくなる事はありませんし、暗証番号を知っている人なら誰でも解錠出来ますから、鍵の紛失などの心配もありません。ここで注意したいのが、暗証番号を鍵の代わりに使っているというところです。 先ほど、暗証番号を知っている人なら誰でも解錠できると書きましたが、これは利点であり、同時に欠点にもなります。つまり、暗証番号が何らかの形で流出してしまえば、勝手に鍵を開けることが出来てしまうのです。また、機械錠も電子錠も、暗証番号をボタンなどで入力して解錠するのですが、暗証番号を同じもので使用し続けると、その部分だけ色が変わったりして、どのボタンを押して解錠するのかバレてしまうこともあります。電子錠の場合、解錠を行う都度、入力画面の番号の配列が代わって、どの数字を頻繁に押しているかがわからないようにします。また、機械錠の場合でも、暗証番号を一定期間で変更することで、同じ番号のところだけ変色したりして、暗証番号が判明してしまうのを防ぐことが出来ます。暗証番号の管理に気をつけていれば、鍵の管理が不要な機械錠・電子錠はとても便利なものですので、交換などのご検討をされてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼