最新情報・レポート

防犯意識を近所から

空き巣やストーカーによる被害を防ぐために、防犯意識を高めている方も多いのではないでしょうか。 大きな路地に面していなかったり、よじ登れるような足場のあるお家は要注意と言われています。 鍵をこじ開けられたり、ピッキングの被害に遭う人いるために家の鍵から防犯意識を高めている人も多いかと思います。 しかし鍵や窓などは家の敷地に入られてしまった時、あくまでも最後の砦となるものであって、 まずは敷地に犯罪者を招き入れないように普段から近所ぐるみで防犯意識を高めていく必要があるのではないでしょうか。 空き巣等の犯人が侵入を躊躇うのは近所の人から声をかけられた時だそうです。 地域で普段から挨拶をしているところ、大体どんな家にどんな人が住んでいるかということを把握し合っている地域は、 異変にすぐに気が付き、犯罪率も低くなりがちです。 また、犬を飼っているために家に入ることを躊躇ったという犯罪者もいます。 太古から犬を番犬として飼っていた人間ですが、それは現代でも通用するというわけです。 それでもどうしても敷地に入られて閉まった場合も、補助錠があったという理由で侵入を諦めたという犯罪者が多いという研究のデータもあります。やはり最期の砦となる鍵は重要ということですね。 是非お家の鍵もこの機会に見直してみてはいかがですか?

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<