最新情報・レポート

防犯意識の高い家には近づきません

我々が留守の間に侵入し、貴重品を盗んでいくという非道な行為を働く、空き巣による被害は後を絶ちません。そんな空き巣は様々な方法で玄関を破り侵入してきます。空き巣の被害に合わないようにするには家の防犯性能を高めるしかありません。住まいの防犯性能を高めるためには様々な方法がありますが、その1つにカギの交換というものがあります。現在主流で使われているカギは、ピッキングを行なうのが難しいタイプの物ですが、築年数が古い家だとこのタイプのカギが使われていないこともあり、ピッキングにより簡単に開錠されてしまいます。 なので、築年数が古い家に住まわれている方はどのタイプのカギが使われているのか確認してみることをおすすめします。 カギのタイプの確認を行なう際、カギに対する知識がないのでよくわからないという方は一度専門業者に相談してみるのも良いでしょう。 カギの交換や補助錠を取り付けることにより家の防犯性能が高まる事につながります。この行為は自宅への侵入難易度を高めるという目的もありますが、しっかりと防犯対策をしている家は侵入するのに時間が掛かるため、時間をかけずに侵入したい空き巣の心理的には、できれば近づきたくないと思うでしょう。なので、防犯性を高めるという行為は空き巣の侵入を抑止するという効果があるのです。 自宅の玄関を守るセキュリティーツールであるカギの防犯性能を高めて、空き巣が近づきたくないと思うような家づくりをしてみてはいかがでしょうか?

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<