最新情報・レポート

防犯と鍵

防犯対策の意識の高まりが感じられる昨今、世の中には様々な防犯設備が投入されてきました。それはオフィスや店舗のみならず、各家庭にも広がっています。現在では、窓を防犯ガラスにしたり、監視カメラを装着している家庭も多いのではないでしょうか。しかしやはり防犯の主力は「鍵」です。防犯性の高い鍵は空き巣の侵入を遅らせ、結果的に諦めさせることにつながります。もしもあなたが防犯に力を入れるのならば、まず鍵の交換から見直してみてはいかがでしょうか。 住宅向けの鍵で最も多いタイプが「シリンダー錠」です。シリンダーとは円筒のこと。シリンダー錠には外筒と内筒で構成され、その二つにまたがるようにタンブラーと呼ばれる障害が入っています。ここに正しい鍵をさすことでタンブラーが移動し、障害の無くなった内筒が回転して鍵が開くのです。そんなシリンダー錠の中にも、ピッキングに強いものと弱いものがあります。ディスクシリンダーは安価な代わりに、ピッキングに最も弱い種類。キーの両側がギザギザで、恐らく最も見慣れた形の鍵でしょう。逆に、ピッキングに強いのがディンプルキー。ギザギザは無く、表面にポコポコと凹凸のある鍵です。ピッキングに強いだけでなく、複製も難しいので近年その需要が高まっています。鍵の交換をお考えなら、その種類も考慮すると良いでしょう。 しかし、ただ防犯性の高い鍵に交換すれば安心というものでもありません。防犯は鍵も含めて総合的に行うもの。より効果的に鍵を活用していくためにも、一度業者の方に相談してみることをお勧めいたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼