最新情報・レポート

鍵穴へのイタズラ

最近は、あんまりイタズラ坊主というものを見ない気がします。ちょっと前までは「ピンポンダッシュ」とか言って、適当な家のインターホンを鳴らして、その後家主が出てくる前に走って逃げるなんてイタズラが流行って大問題になっていた、なんて小学校時代を過ごされた方もいるのではないでしょうか。

さて、もちろんイタズラというのはいけないことなのですが、中でも鍵穴へのイタズラというのは、パッと見、気が付きにくくて、なおかつ大問題になるという所でかなり厄介なものです。

方法としては簡単で、鍵穴の中に瞬間接着剤や砂、ガムなどを詰め込んで置くだけです。

瞬間接着剤の場合は、染みこんで鍵の内部構造に接着してしまうので鍵の開閉ができなくなってしまいます。また、砂やガムなども、それによってシリンダーが引っかかってしまいますので大問題になります。

鍵穴に何かが詰められているのに気がついたら、無理やり鍵を差し込んだりせずに、そのままにしておいて、業者を呼んで対応をしてもらうと良いでしょう。

無理やり差し込んだり、回したりすると鍵が開かないばかりでなく、鍵が折れたり、あるいは鍵が抜けなくなってしまうことがあるからです。

鍵へのイタズラに気がついたら、まずは業者に連絡するということを忘れないようにしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<