最新情報・レポート

鍵穴のお手入れに注意を

どうしても鍵が壊れるという印象がないために雑な扱いをする方も多いようですが、鍵もものなので使い方によっては簡単に壊れてしまいます。確かに金属製ですが、小さい上に細い部分もあるので全く壊れないものではありません。また鍵穴の中は細かい仕組みになっており、鍵が壊れていると連鎖的にここも壊れてしまうかもしれないので、意外と鍵は丁寧に扱わないと壊れてしまうものなのです。 回したら、その力で鍵が折れてしまうということになったら困りますよね。 こういった鍵のトラブルを防ぐために鍵の手入れをしている方は多いと思いますが、その手入れの方法は正しいものでしょうか。特に鍵穴の中の手入れです。鍵のトラブルの依頼で、鍵穴の中にものを詰めてしまったことで鍵が壊れたという問い合わせは数多くあります。この詰めたものというのは潤滑油です。しかも鍵穴専用のものではなく、油や他の潤滑油を入れてしまったという問い合わせが実は多く寄せられています。この何が問題なのかといえば、注いだ潤滑油が鍵穴の中のゴミを集めて固めてしまい、鍵穴の中を埋めてしまうことがあるという点です。そうなると鍵も入りませんし、最悪の場合は鍵を交換しないといけないかもしれません。 こうならないようにも鍵穴の中には油などは絶対に入れないようにしましょう。鍵穴に掃除機をくっつければ中のゴミを吸い出せるので、それと専用の潤滑油を使えばしっかりお手入れをしたことになるはずです。 家を守る大切なものなので、お手入れはしっかりしておきましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼