最新情報・レポート

鍵をなくした時にはまず落ち着こう

出かけた先で鍵を落としてしまったりなくしてしまったりしたら、そのことに気がつくのはおおよそ鍵を取り出そうと玄関の前に立った時であることが多いです。鍵があるかどうかを確認するのは鍵をかける時か鍵を開ける時ですのでしかたがないことですが、実際にその時になって鍵をなくしてしまったことに気がつくとかなり焦ってしまいます。普段冷静な人であっても慌ててしまうでしょう。こうした鍵のトラブルの際に慌ててしまうと余計にトラブルを起こす可能性がありますので注意をしましょう。まずは冷静に、本当に鍵をなくしたかどうかを確認します。慌てて確認をすると見落としてしまう恐れがありますので、丁寧に確認してください。カバンのちょっとした隙間であったり、服の中であったりと普段は入れないような場所につい入れてしまったかどうかも考えておきましょう。こうしたチェックをした後でもやはりなくしたということでしたら、鍵屋に鍵開けを頼みましょう。自分で鍵開けをしようというのは止めた方が良いです。自分で開けようとすると鍵を壊して、鍵開けよりも高価な鍵交換をしないといけなくなる恐れがあるからです。こうした暴挙をしないためにも、冷静に確認をして、問題があれば落ち着いて鍵屋に連絡をしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼