最新情報・レポート

鍵の管理を習慣づける

家の鍵をなくしてしまい、鍵屋に開けてもらった、鍵交換をした経験があるという方は少なくないと思います。そういうとき鍵屋の存在はとてもありがたいですが、そもそも鍵をなくさなければそんな事態に陥ることもないのです。そこで鍵をなくさないためにはどうすればいいのか、簡単な方法をまとめてみましょう。
鍵をなくしたことがない人はどんなことをしているのでしょうか、実は特別なことはしていないです。鍵をなくしたことがない人のほとんどがやっていること、それは「鍵の置き場所を決めている」ただそれだけなんです。そんなことでほんとになくさなくなるのかと思うかもしれませんが、普段から鍵の置き場所を決めておき使用後は必ずそこに戻す習慣をつけることで鍵をなくしてしまうリスクを減らすことができます。例えば、外出するとき、鍵をなくしてしまうひとは、ポケットにいれたりカバンに放り込んだりいつもバラバラなところにしまうことが多いようですが、鍵をしまう場所を「カバンの内側のポケット」と1つに決めておき、鍵をかけた後に必ずそこにしまう習慣をつければいいんです。帰宅後も同じで、靴箱の上や姿見の横など鍵を置く場所を必ず1つ決めておき、そこに置いておけば管理も楽になります。それでも100%なくさなくなるというわけではありませんが、なくしてしまう可能性を最小限に抑えることができます。なくさないまでもよく鍵の場所が分からなくなる、カバンの中でも見失うなんて方は「鍵の場所」を決めてみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼