最新情報・レポート

金庫の鍵

貴重品や貴金属、現金、権利証などの色々な重要書類などを保管するための金庫があるご家庭も多いかと思います。金庫の鍵の種類としては、一般的にまず「ダイヤル式」「シリンダー錠」「テンキー式」の、暗証番号を合わせるタイプが挙げられますが、最近では人の指紋や瞳の虹彩を認証に利用する「生体認証式」という、特定の人物自身が鍵となる金庫も普及しています。金庫はあまり頻繁に開け閉めするものでもないので、暗証番号を忘れるなどのトラブルが発生し、鍵開けで困ったことのある方もいらっしゃると思います。生体認証ではその人自身が鍵であるため、紛失や番号忘れの心配がありません。鍵や番号を盗まれたりすることもありませんので、安心感があり、近年人気がでています。ただ、金庫はやはり頻繁に買い替えるものではないため、親の代から代々同じ金庫を使っていたり、祖父母から古い金庫を譲り受けた、といったケースも多いようです。古い金庫では鍵の紛失や番号の記憶違いなどのトラブルはつきものですね。もしも古い金庫の鍵開けの際、何かトラブルがありましたら当サイトへご相談ください。ご質問なども受け付けておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼