最新情報・レポート

違和感を見逃さないで

カギのトラブルは大きく分けると、紛失と故障の2種類に分けることが出来ます。紛失した場合、カギを複製する。玄関を開錠するというような行動が必要です。また、突然起こってしまうトラブルであり、中々紛失を予想する事が出来ません。 逆に故障に関してはある程度予想する事が出来る場合があります。例えば、カギが折れてしまうというトラブルの原因は、回らなくなったカギを無理矢理回してしまうことで起きることがほとんどです。しかし、カギが回らなくなる前何か違和感を覚えることは無かったでしょうか?例えば、何度かカギが回らなくなることがあった。とかカギを回転させている途中で引っかかりを感じるなどの違和感を覚える事が無かったでしょうか?そのような違和感があるのに、対処をしないことで、大きなトラブルに発展するというケースが意外に多いのですよ。なので、カギを扱う時に感じる違和感を無視するということは、あまりおすすめできることではありません。また、症状が軽いほど作業も簡単になる可能性が高いので、修理を依頼する時の費用も安くなる可能性があります。なので、カギを使う時の違和感には出来るだけ敏感に反応していきたい物です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<