最新情報・レポート

鍵紛失時に取るべき3つの対処

お家の鍵を失くした時に慌てなくても済むように、万が一の時の為の対応方法をまとめました。
お家の玄関の前で鍵がないことに気づくと、どうしたら良いか分からず不安になるものですが、ここに書いてあることをご参考に対処して頂ければ、解決までの道筋もスムーズになります。



ポケットを出している人

1.落ち着いてよく探してみる


鍵紛失時の対処法のその1は「落ち着いて探す」ことです。
深呼吸でもして、まずは身近から探してみましょう。

▼手荷物などを確認する

鍵をいつも決まった場所に入れていると、そこに無いだけで慌ててしまう事があります。
一度、鞄の中を探してみると、意外な場所に入り込んでいることがあります。

・ポケットの中

・カバンの別のポケット

・車の中に置き忘れている

・カバンの底板の下に入り込んでいる


以上のようなことはよくあることですから、一度落ち着いて探してみましょう。

▼最後にカバンを置いた場所を探してみる

荷物を整理したり、カバンの中から物を出したりした場所に鍵を置いていた可能性があります。
休憩した喫茶店やご飯を食べたレストラン、自分の通勤先など、その日の行動をよく思い出してみましょう。落とし物として預かってくれているかもしれません。

▼お近くの交番などに問い合わせる

落とした直後に誰かが拾って、お近くの交番などに届けてくれている可能性もありますので、一度尋ねてみるのも良いでしょう。


2.警察・管理会社などに届け出る

鍵を誰かが拾っても、普通なら警察や駅などに届けてくれるものですが、そうでない人も中には居て、それが空き巣の原因になる恐れがあります。

▼警察に届け出る

警察
警察署やお近くの交番で、遺失物の届け出をしておくと、似た特徴のものが届けられた時に連絡を貰える場合があります。落とした鍵の特徴や、落としたと思われる場所を伝え、必要事項を記載した届け出用紙を出すことになりますので、職員の方に良く話を聞いて記入しましょう。

▼管理会社に届け出る

集合住宅の場合、玄関の鍵と集合玄関の鍵が一緒になっている場合があります。その場合、空き巣やその他の犯罪を企む人間が、マンション内に入り込んで、落とした本人の方だけでなく、他の方にも迷惑が掛かってしまいます。
管理会社に届け出ると、その後の対応について教えてもらえますので、早めに連絡を入れておきましょう。


3.鍵屋を呼ぶ

幸運にも鍵が見つかった場合も、残念ながら見つからない場合も、いずれにしても鍵屋を呼ぶことをおすすめします。

▼鍵が見つからない場合

鍵が見つからない場合は、玄関の鍵開けをしてもらって家の中に入らなければなりません。
鍵屋さんの中には24時間対応中のところもありますので、それらの鍵屋さんなら時間帯に限らず頼りになります。
また、この際に鍵開けだけでなく、鍵交換もお願いすれば、拾われた鍵で空き巣などに入られる危険性をゼロに出来ます。

▼鍵が見つかった場合

また、鍵が見つかった場合、特にどこかに落としていた、誰かに拾われて届けられていた場合も、同様に鍵屋をお呼びいただくことをおすすめします。
自分の手元に戻るまでの間に合鍵を作られてしまった恐れがありますし、万が一の事を考えれば、鍵を交換してしまう方が安心できます。
また、自分で鍵を持っていた場合も、古い形式の鍵をご利用中の場合は、この機会に鍵交換をご検討ください。


まとめ

キーホルダー付きカギ
人間は慌てると判断力が低下するので、鍵を失くしたときは落ち着いて、まずは自分の身の回りを探してみましょう。
意外と身近で見つかることもあります。また、鍵を出した場所などを覚えていると、そこに置いたまま忘れていて、お店などなら預かってくれている事があります。
しかし、もし鍵を紛失していた場合は、警察に遺失物の届け出をしたり、管理会社に鍵の紛失を連絡したりするなどの対処が必要です。
それらが一段落したら、鍵屋を呼んで鍵開けと、失くした鍵の悪用を防ぐための鍵交換をご依頼ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<