最新情報・レポート

賃貸物件のカギを紛失した場合

家を留守にする際や、小さなお子様が留守番をする場合、ほとんどの方が玄関のカギを施錠すると思います。玄関のカギを施錠することは、家の中に保管されている財産を守るだけでなく、家の中にいる大切な家族を守るためにも必要です。しかし、カギ本体は小さく落としたり、立ち寄った場所に置き忘れて紛失してしまうトラブルが非常に多いです。カギを紛失して、玄関のカギが開けられなくなった場合、業者に頼んで開錠してもらった経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。スペアキーを所持しておらず、カギの複製を頼んだりカギの交換を行うこともあると思いますが、賃貸物件にお住まいの方は注意が必要です。賃貸物件の場合、大家さんや管理会社になぜカギを複製、交換するのか事情を話し、許可を得なければなりません。カギの複製本数に制限を設けていることもありますし、カギを紛失した場合はセキュリティ上、カギの交換を指示されることもあります。大家さんや管理会社に伝えないままカギの複製や交換を行うと、退去時にトラブルを招くこともあります。カギを紛失したら、慌ててしまい連絡を忘れがちになりますが、速やかに大家さんか管理会社へと連絡するようにしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<