最新情報・レポート

賃貸住宅の錠前

玄関の扉には「鍵」。当たり前のことですが、鍵がついているからと言って安心しきってしまうのは危険です。特に賃貸住宅の場合。普通は「入居時には新しい錠前になっている」と疑いもしない人が多いと思いますが、もし前の住人が居た時と錠前が変わっていなかったらどうでしょう。スペアキーを持っていたら簡単に侵入を許してしまいますね。よく考えてみると非常に恐ろしいことです。一般には、錠前は退去時の原状回復の際に交換されるのが通例となっていますが、賃貸側が負担するのか、入居者側が負担するのか、法的な定めがなく曖昧になっているので、場合によっては交換されずそのままになっているケースがなきにしもあらずです。最近は、契約時に「鍵の交換費用」という項目があって、入居者の費用負担で鍵交換がされていることが多いようですが、その項目の明記がない場合は、賃貸側で本当に鍵交換がされているのか、入居前によく確認するようにしましょう。また「現状の鍵では不安なのでもっと防犯性の高いものにしたい」という時は勝手に交換せず、管理会社に相談してみましょう。自己負担で好きな鍵に交換してもよいという返事がもらえることもありますので、その際はz是非本サイト「カギ110番」をご利用ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼