最新情報・レポート

見た目では分かりにくい鍵の防犯性能

古い家で鍵を交換せずに使用していると、その鍵がかなり防犯性能に劣ったものになっている場合があるというのをご存知でしょうか? 鍵の見た目は大して変わりがないのに、内部の機構はより防犯性能を高めるために改良が続けられています。 まず根本的な問題として、ディスクシリンダー錠が今でも使用されているのなら、すぐに他の形式の鍵に交換するのがおすすめです。ディスクシリンダー錠は数年前、ピッキングによる空き巣が頻発していたこともあり、現在では改良型のロータリーディスクシリンダー錠などに置き換えられていることが多いものですが、古い住宅だとまだディスクシリンダー錠が使用されているかもしれません。 ロータリーディスクシリンダー錠は、鍵の見た目はディスクシリンダー錠にそっくりなのですが、内部構造がより複雑になっており、ピッキングがしにくいものになっています。 より防犯性能の高いものをとお考えの方には、ディンプルシリンダー錠がおすすめです。こちらは鍵の見た目が特徴的で、よくある鍵のギザギザはなく、代わりに鍵の表面に小さなくぼみがいくつも彫り込んであります。この穴にピンが嵌まることで、鍵が開く仕組みとなっています。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼