最新情報・レポート

複雑な鍵や、頑丈な鍵

空き巣によるピッキング被害を防ぐためには、ピッキングがされにくい鍵を取り付けることが重要です。空き巣は侵入に5分以上かかる場合、諦める傾向にあるためです。しかし、なかには諦めの悪い空き巣や、ピッキングの腕がとても優れている空き巣がいるかもしれません。その場合、ピッキングがされにくい鍵を取り付けても、もしかしたら開けられてしまうかもしれません。また、空き巣の侵入方法はピッキングだけでなく、ドリリングなど鍵を壊す方法もあるのです。であれば、どうすれば、こういった被害を防げるのでしょうか。実は、「ピッキングされにくい」ではなく「ピッキングされない」と自信を持って謳っている鍵があるのです。その鍵はシリンダーが従来のものと加え複雑になっており、かつ頑丈な素材でできているという特徴があります。まず、鍵が開く仕組みをご存時でしょうか。シリンダー内には鍵の形に合わせてピンが押し込まれます。ピッキングはそのピンを決められた順番で押しこむことで解錠することができます。しかし、その鍵はすべてのピンを同時押し込まないと解錠出来ず、従来方式では1列しかなかったピンが2列存在しているため、事実上ピッキングが不可能とされているのです。また、シリンダー内部の部品に硬質材料を使用しているため、ドリリングなどの破壊行為にも強い耐性を持っており、10分以上耐えることができるのです。このような鍵であれば、空き巣の侵入をしっかり防ぐことができるでしょう。空き巣のターゲットになる前に、鍵交換を検討してみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<