最新情報・レポート

補助錠を取り付けて空き巣に狙われないお家にしましょう

多くの人達の努力により、犯罪件数は徐々に減少しています。それは空き巣についても同様ですが、それで安心していては、その隙を空き巣に突かれてしまうかもしれません。中には、その家の住人が居るにも関わらず侵入を図る、強盗まがいの手口もあります。鍵は防犯の基本です。犯罪者に狙われてしまう前に、対策を講じておくと安心した生活を過ごせることでしょう。
鍵による防犯対策はいくつもありますが、補助錠の設置がお勧めです。いわゆる「1ドア2ロック」と呼ばれるもので、これは国土交通省の「防犯設計指針」でも推奨されている方法です。補助錠を設置すれば、単純に考えて鍵開けに掛かる時間は二倍になります。空き巣は侵入する際の所要時間に敏感であり、鍵開けに五分以上掛かる場合は諦めやすいというデータもあります。防犯性能の高い補助錠を設置すれば五分以上の時間を稼ぐ事も可能ですし、最初から侵入を諦めさせる効果も期待できます。1ドア2ロックは、犯罪の予防効果もあるのです。
しかし、ただ補助錠を設置すれば良いというわけではありません。いずれの鍵も防犯性能が低ければ、短時間で全ての鍵が破られてしまうかもしれません。また、三つも四つも補助錠を設置しますと今度は使い勝手が悪くなります。どのような補助錠を設置するのかについては、鍵屋の方と相談して決めていくべきでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼