最新情報・レポート

自分で鍵開けをするのは止めましょう

鍵をなくしてしまった、という時にちょっとやってみたくなるのがピッキングです。鍵穴に細い金属を入れて、ガチャガチャと動かすと鍵が開くというシーンをよく見たことがあるのではないでしょうか。あれの仕組みは、鍵穴の中にあるばねを細い金属で押し上げることによって鍵を外すというものです。鍵のギザギザがばねを押し上げるようになっていて、そこを細い金属で再現をしています。ばねを押し上げることができれば鍵を開けることができるのです。こう言うと簡単そうに聞こえますが、しかし実際にはそうではありません。もし下手に試そうとして細い金属が鍵穴のどこかに挟まってしまえば、鍵開けどころではなく鍵修理か鍵交換をしないといけなくなるのです。そうなれば鍵開けよりも高い費用が必要になりますので、絶対にやらないようにしましょう。鍵屋の技術があるからこそ、そういった方法でも鍵開けをすることができるのです。下手にやってしまうと鍵穴を壊してしまうかもしれませんし、壊さなくても鍵穴の中に傷を作ってしまうかもしれません。その傷のせいで鍵の回りが悪くなるというのは十分に考えられることです。もし鍵をなくしてしまい、鍵開けが必要になっても自分で開けようとするのはやめましょう。余計に事態を悪くするだけになることは明白ですので、依頼した業者が到着するまでの間は静かに待つことが得策です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<