最新情報・レポート

折れた鍵を無理やり引き抜こうとしない

一般的に用いられているシリンダー錠の鍵は、鍵穴に差し込んだ鍵がシリンダー内のピンを上下させて鍵が開くようできています。

しかし、この鍵が万が一にも折れてしまうということを考えたことがあるでしょうか。日頃の何気ない使用中、突然鍵が折れてしまうと、慌てて折れた部分を取り出そうとする方も居るようですが、この際、工具などを使って無理に取り出そうとすると、更に厄介なことになる場合もあるようです。

それは鍵穴やその周辺の変形。

鍵穴の中に残った鍵を取り出すために、細いドライバーやペンチなどを使うと、鍵穴の断面を痛めて傷をつけてしまう事が考えられます。鍵は本来、かなり精密にできているものですから、鍵穴側が変形すると、差し込んだり、回すことができなくなる恐れがあるようです。

また、なんとか鍵を取り出せたとしても、傷んだ鍵穴に新しい鍵を差し込めば、それが鍵が折れる原因になることもあるので、鍵が折れた際は迂闊に手を出さず、まずは鍵修理のプロにご相談になるのがおすすめです。

皆様からのご相談については24時間対応可能な相談窓口がありますので、万が一のトラブル発生時は、早朝、深夜にかかわらずお気兼ね無くお電話ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼