最新情報・レポート

慌てて対処すると危険です

鍵を無くした、壊れたといった早急な鍵修理以外にも、鍵を使っていると動作に小さな異常が見られることがあります。大きな不便を感じるほどでないけれど鍵の回りが悪い、鍵穴に鍵がスムーズに挿し込めない、そんな些細な異常です。こうした時に自分でなんとか解決できないかと処置をすることが多くあるようですが、そこで早まった処置を行うと鍵の状態をより悪くしてしまうことがあるので注意が必要です。 よく耳にするのが、鍵が上手く回らないので何度も動作を繰り返してみたり、鍵穴に潤滑剤を入れたといった話です。回りの悪い鍵は中にあるホコリなどの異物が原因となっていることが多いので、無理に動かし続けると鍵に大きな負担がかかることになり、その疲労で鍵が折れてしまう危険があります。また、潤滑剤も油分などを含んだものを鍵穴に入れるとその成分が内部に溜まり、より深刻な詰まりとなってしまいます。そうした異物が増えてしまった状態は金属の錆を増やすことにも繋がるので、見えない鍵穴の内部に慌てて手を出すのはとても危険な行為だと考えた方がよいでしょう。 鍵は思った以上に精密な構造な上外部に接している部品でもあります。ですから、塵などの影響を受けていつの間にか動作が悪くなることも時折ある箇所です。異常を感じたとしても慌てずに、鍵修理業者に入念な処置と点検を頼んでコンディションを整えておきましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<