最新情報・レポート

小さなお子さんと鍵のトラブル

小さなお子さんにとって、鍵穴というのは非常に興味深いもののようです。木の枝を鍵穴に差し込んでしまって、中に入りこんでしまい取れなくなった、というのはよくある話です。そんなときはどうしたらいいのでしょうか。どうにかしようと鍵を強く差し込もうとしたり、ヘアピンや安全ピンの針先などでつついてしまうのはやめてください。鍵穴に傷がつく原因になります。鍵穴に入った異物は状況によりうまく取り出せることもありますが、鍵交換が必要な場合もあるからです。また、家の中でいうとベランダの鍵も注意が必要な箇所としてあげられます。お母さんが洗濯物を干しにベランダに出ている隙に中から鍵をかけられてしまった、というのも非常に多い鍵のトラブルです。この場合、窓を完全に閉めずにベランダで作業をするという対策もあるのですが、真夏や冬場は難しいですよね。そんな時は、ベランダの鍵の位置を少し高い場所に付け替えることで問題を解決しましょう。出来るだけ高い位置に鍵を付けることで、子供の手が届きにくくなるばかりか、防犯上の意味でも、窓の鍵を高い位置につけるというのは効果があるんです。鍵はあなたのお家を守る番人のようなもの。開けられなくなっても閉められなくなっても本当に困ってしまいます。上手なメンテナンスが大切です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<