最新情報・レポート

子供に鍵を持たせる場合はご注意を

子供がある程度の年齢に達したり、夫婦共働きの場合になりますと、いつでも帰れるようにと鍵を持たせるようになるかもしれません。きちんと鍵の扱い方について学ばせる事ができれば、鍵を持たせても安心でしょう。しかし、子供に鍵を持たせるのはリスクが高いです。どうしても持たせなければいけないという場合には、どうすればいいのでしょうか。

子供に鍵を持たせる際に、どうしても無視できないのは鍵紛失のリスクです。もしもポケットやランドセルなどに入れておきますと、知らず知らずの内に失くしてしまうことも多々あります。
それを防ぐためには、キーホルダーに鍵を結びつけ、それを更に衣服に繋いでおくのが有効です。そうする事によって、鍵をうっかり紛失してしまうリスクを最小限にする事ができます。また、鍵の扱い方や重要性についてもよく言って聞かせる必要があります。具体的には、鍵を見せびらかしたり、誰かに貸したりしないように注意しておきましょう。

しかし、どれだけ注意しても鍵紛失のリスクはつきまといます。どうしても心配だという方は、鍵を暗証番号錠に交換するという選択肢もあります。暗証番号錠ならば鍵を持ち歩く必要がありませんので、鍵紛失も発生しません。暗証番号を忘れてしまうというリスクはありますが、二次被害なども発生しないため安全性は高いと言えます。子供に鍵を持たせることをご検討されている方も、一度鍵屋にご相談されてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<