最新情報・レポート

ワンドア・ツーロックという方式

ワンドア・ツーロックという方式のドア錠があります。これは、文字通り1つのドアに2つの鍵が使われている方式です。ドアノブの上下にそれぞれ鍵がついており、二重に扉をロックすることが出来ます。この方式にするだけでも、防犯性能はかなり上がるといわれています。これは、ピッキングなどで不正にロックを解除しようとする際、鍵が2つあると作業時間も単純に2倍程かかることになるからです。侵入に時間がかかればそれだけ見つかる可能性が高くなるため、空き巣はそういった家を狙いにくくなるというわけです。基本的に使われる鍵は同じなので、鍵の管理も1本だけで済みます。なかには、ツーロックなのに同じ鍵だと防犯性が低いのではないかと考える方もいますが、実際には先程記載したように、侵入しづらいというだけでも防犯になるのです。もちろん希望があれば、鍵を別々のものにすることも出来るので、どうしても同じ鍵だと心配という方は、それぞれ別々の鍵にしてもらいましょう。玄関だけはツーロックにしたけど、他が心配という方は、玄関だけでなく勝手口や窓もツーロックにしてしまうことをオススメします。窓の場合は補助錠やストッパーという形で通常のロックにプラスするようなイメージです。家の色々なところがツーロックになっていればそれだけ侵入しづらく、狙われる可能性も低くなります。ドアの交換や鍵交換を検討されている方は、この際にツーロックも検討してみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<