最新情報・レポート

ピッキングだけじゃない空き巣の手口

空き巣の住宅侵入手口としてピッキングが有名ですが、実際には侵入手口にピッキングをする空き巣はそんなに多くないのです。空き巣の侵入手口はひっそりと細かい作業のように思えますが、大胆な方法で侵入を試みる空き巣もいます。関西地方では、サムターン回しという手口が多く見られます。サムターン回しとは鍵穴付近にドリルなどで穴を開けそこから特殊な器具を差し込み、サムターンと呼ばれるドア錠のツマミを回して、扉を開けるという手口です。また、鍵穴に直接ドリルを差し込み、鍵穴を壊してドアを開ける、ドリリングという手口もあります。古いドアや老朽化したドアなどに多いのはドアの隙間にバールをねじ込み、無理やりこじ開けてしまうという手口です。ここまでされると、防ぎようがないのではないかと思われがちですが、対策を取ることは出来ます。空き巣は必ず事前に調査します。その家が侵入しやすいか、また逃げやすいか、鍵がかかっていない窓やドアはないかなど、事前に下調べをしてから侵入を試みます。つまり、空き巣が下調べをした時点で、侵入しづらいと思わせることができれば、狙われる可能性も低くなるのです。例えば、明らかに防犯対策のとられた住宅に侵入しようとする空き巣はいません。逆に、古い住宅など、対策の取られていない住宅は空き巣にとって狙い目となるのです。つまり、壊れていないからといって、古い鍵を使い続けることは空き巣に入られるリスクが高くなるのです。もし鍵やドアの古いものを使っているという場合は業者に依頼し、鍵交換やドアの交換をしてもらいましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<