最新情報・レポート

ニューフェイスの鍵事情

私達の住まいには、必ずと言っていい程「鍵」が必要です。物騒な昨今に備え防犯性の高い鍵が普及してきており、時代に合わせて鍵の種類も進化してきています。普段使用している鍵の種類以外にも、身近にある最先端の鍵について何点かお話ししていきましょう。
最近では、鍵を持たずにボタンやテンキーで決められた暗礁番号を入力する事で、施錠する事が出来る様になりました。主に使用されているものとして、駅のロッカーや番号式南京錠、公共施設等で使用されています。鍵を持ち歩かないでよい事がメリットで、最近は住宅にも使用される事が増えてきています。暗証番号鍵には機械式と電気式があって、電気式の場合は交流電源を使うものやバッテリーで動くものもあります。形は様々あり、タッチパネル操作が出来るものやカバーを開けてボタンを押すもの、ボタンを押しながらダイヤルを回すものと種類が豊富です。住宅の鍵は、ドアの取っ手付近に付けられる事が多いでしょう。 暗証番号式は、定められた番号が正しければ誰にでも開けられる為、誰かに手元を見られていたり、メモを取っておいた時は落としてしまうと悪用されたりする危険性があるので、開錠する際には周辺に気をつけた方が良いでしょう。
他にはカードが鍵になっているものです。主にホテルやオフィスビル、ロッカー等に使われています。磁器層を埋め込んでドッグタグの様なカードを差し込んでシリンダーを回転させるものやICカードをかざしたり差し込んだりする事で開錠する事が出来る電気式のものもあります。防犯性が高いのがメリットで、カード式だと定期入れやお財布等に入れて管理している方も見えますが、落としやすいので注意が必要です。又カードが欠けてしまったり折れてしまったりすると使えなくなるものもあるので気を付けましょう。
この様な最先端の鍵が出てきていますが、暗証番号式だと忘れてしまう心配があったり、カード式も紛失してしまう恐れがあったりと従来の鍵の方が慣れていて使いやすい方も大勢います。鍵の修理やトラブル等の際には、早めに業者へ依頼しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼