最新情報・レポート

ディスクシリンダー錠は早めの交換をおすすめします

鍵にも多くの種類がありますが、今でもディスクシリンダー錠をご利用されているのでしたら、なるべくお早めに交換されたほうがよろしいでしょう。
鍵は似たような外見の物が多いですが、その使い心地や防犯性などは鍵ごとに大きく異なります。もしも鍵山がギザギザになっており、鍵穴が縦に開いている場合、それはディスクシリンダー錠と呼ばれるタイプの鍵かもしれません。
私たちにとって最も馴染み深い種類の鍵を言えますが、ピッキングに非常に弱く、防犯性が低い鍵の代名詞にされることもあります。その欠点から現在は新築物件への施工廃止も進んでいますので、お早めに鍵交換をご検討されたほうがよろしいでしょう。



鍵

ディスクシリンダー錠とは


ディスクシリンダー錠は、鍵穴の内部にディスクタンブラーという構造が組み込まれていることからこう呼ばれています。タンブラーは、円盤に近い形をしているのが特徴です。
鍵を差し込むことで、タンブラーがはり鍵を回転します。
しかし、これだけではお持ちの鍵がこれに該当するかはわかりづらいかと思います。
わかりやすい見方の一部として

・鍵穴が「くの字型」か
・鍵を差し込む時は縦向きか


もチェックしてみて下さい。
これに該当した方は、ディスクシリンダー錠かもしれません。

ディスクシリンダー錠の長所と短所


ディスクシリンダー錠は、長所があります。
内部の構造は意外と単純なため、修理や交換がしやすいということです。日本では多くのメーカーが取り扱っていたので、在庫の問題などですぐに交換ができないなどの面倒なことも少ない場合もありました。
反面、目立ってしまうのが短所です。
ディスクシリンダー錠は、かつて普及率が高かったのですが、その構造は以外にも単純なものでした。そして、その特徴を利用してピッキングの問題が出てくるようになりました。普及率も高く、ピッキングが簡単にできるディスクシリンダー錠は、集中的に狙われやすく被害にあう危険性があるといえます。

製造の廃止が進んでいます


ディスクシリンダー錠は、長所よりも短所が目立っているともいえます。
そこで、ピッキングの被害をこれ以上増やさないためにも、製造の廃止が進んでいます。
鍵の役目は、セキュリティーの効果を上げること。いつ、被害にあうかも分からない鍵を廃止していくのは、当然の流れかもしれません。 また、製造のみならずディスクシリンダー錠への鍵交換を受付けてもらえないなどの動きもあります。

まとめ

鍵画像ディスクシリンダー錠には、長所よりも怖い短所があります。
鍵を利用するにあたって、防犯面での安心はかかせません。
かつての普及によって、ディスクシリンダー錠を今も使われている方は多いことでしょう。その場合は、早めに鍵交換をすることをおすすめします。
たしかにコストはかかってしまうかもしれませんが、ピッキングされて被害にあうことを考えれば、まず今すぐにでもできる予防策といえます。
まずは鍵のプロにご相談されてみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<