最新情報・レポート

カギの簡単メンテナンス

「何だか家のカギがどうも開きづらいんだよなぁ」「これだけ力を入れても開かない、どうしよう」といったちょっとしたトラブル、実はちょっとしたことで解決、あるいは予防できる場合もあります。もちろん鍵屋にお任せしなければならないこともありますが、まずは簡単なメンテナンスで対処してみるのも一つの手です。
今回は家でできる簡単なカギのメンテナンスをいくつかご紹介します。

1.こんな時に使えるえんぴつ
少し質感が柔らかめの2B~4Bぐらいのえんぴつの芯だけを刃物で削り、カギにまんべんなくまぶしておきます。その後カギ穴にカギを差し込むとすべりが良くなることもあります。

2.カギをクリーニング
カギ自体をクリーニングするのも有効な手段で、難しいことは特にありません。不要になった歯ブラシでカギをしっかり磨くだけでも、随分回しやすくなったりします。カギをクリーニングするのが有効な手段だということも、実はあまり知られていないように思えます。

3.カギ穴には掃除機
カギはクリーニングしやすいですが、カギ穴というとなかなか掃除しにくいイメージがありますよね。滑りが良くなるだろうと、安易にサラダ油なんて使うのはご法度です!余計にホコリが溜まりやすくなり、もっとカギ穴の状態を悪くしてしまうこともあるのです。カギが回しにくい、何だか調子が悪い、といった時は掃除機が有効です。カギ穴に掃除機の先端を押し当て、ぐるぐると動かすと中に溜まったゴミがスッキリ取れるでしょう。

ほんのすこしのメンテナンスで、カギの状態を少しでも良く保つことができます。この機会に是非チャレンジしてみてはいかがでしょう?

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<