最新情報・レポート

カギを無くしてしまった時の行動

皆さんの玄関には、カギが取り付けられていると思います。そのお陰で家の中に不審者が侵入することを防いでくれています。しかし、鍵を無くしたり、忘れたりしてしまうと自分も家の中に入ることが出来ません。そんな時にどのような方法を行ったらいいのか、一例を挙げてみたいと思います。

■大家さんや管理会社に連絡する

賃貸住宅に住んでいる場合、大家さんや管理会社が合鍵を持っている場合があります。なので、一度連絡を取ってみるのも一つの方法です。しかし、夜遅い時間帯などは連絡が付かない場合もあるので、いつでも行える方法ではありません。

■家に入るのを諦める

カギは紛失だけではなく、どこかに置き忘れている場合もあります。心当たりがある場合はその日は知り合いの家や宿泊施設を利用して、改めてカギを取りに行くという方法もあります。

■業者に開錠を依頼する

よほど特殊なカギを利用していない限りは、カギ屋さんに依頼することでカギを開けてもらうことが出来ます。カギ屋さんの中には救急対応しているお店もありますので、深夜などに帰宅しても対応してもらえる可能性が高いです。

カギを無くしてしまったり、置き忘れてしまったりした場合はとにかく焦らないことが大切です。いざという時冷静に行動するには、事前に対策を練っておくことが大切です。なので、自分がカギを無くした時の対処法をある程度考えておきましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<