最新情報・レポート

カギもいろいろ

最近、空き巣や強盗、不法侵入など怖い事件が多いですよね。そんな中でカギの防犯性能も上がってきています。作る際に個人の登録が必要なものや、複製のしにくいタイプなどピッキング対策、複製対策などが行われているもの。家での救急性を考慮して、お風呂やトイレといった場所も外からコインなどで開けられるものを用意しておくといいかもしれません。意外とトイレに閉じ込められた経験のある方、いらっしゃるのではないでしょうか。

今現在持っているカギがとても古いという方は、一度メンテナンスすることも考えてもいいかも知れません。防犯性能自体は上がってきていますが、鍵穴が痛んでいたり、構造が単純なものは簡単に開けられてしまうことも考えられます。

カギにも何種類かあり南京錠は懐かしいものではないでしょうか。いわゆる錠前と呼ばれる小学校などで主に使用されているものです。カードキーも今は常識になりつつあるのでしょうか。磁気やICチップを利用して施錠解錠を行うものです。他にも様々な種類のものがあります。自身の予算と性能を鑑みつつ選ぶのが良いのではないでしょうか。
また、どういったものがいいかわからない場合は業者に相談するのも一つです。大切なものはカギをかけてしまっておけ、なんて言葉があるくらいです。お客様の大切なお家や財産、家族を守るためにも性能のいいカギ、というのもいいかもしれません。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<