最新情報・レポート

よくやる間違いをしてしまった時には

鍵に限らずどんなものでも、定期的にお手入れをしておくことで良い状態が維持できます。しかし、やり方を間違ってしまうと壊してしまうこともありますので、注意しましょう。
鍵のお手入れでよくある間違いは、鍵穴のゴミを掃除するために針金や細い棒でかき出すという方法です。うまく作業できることもありますが、中で針金や棒が折れてしまうと、鍵穴の中に詰まってしまうことがあります。
詰まったものが取り出せなければ、鍵を破壊する可能性がでてきますし、新しい鍵も用意しなければなりません。鍵穴の掃除をしたい時には掃除機で吸う程度に抑えておきましょう。

次に多いのが、鍵穴に油をさしてしまうパターンです。鍵穴には潤滑油が使われていますので、間違った方法ではありませんが、使う油を間違えてしまえば鍵のトラブルになります。
鍵の油をさす時には専用の潤滑油をさすようにしましょう。
このような間違った方法で鍵穴のお手入れをしてしまった場合、すぐに鍵屋に連絡しましょう。今は問題なく使えていても近い将来大きな鍵トラブルに発展していることも予想されます。
また、自分でお手入れをするのが心配な時には、相談してみるのも良いでしょう。より本格的なお手入れを実践してもらえるかもしれません。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<