最新情報・レポート

よくある鍵のトラブル

プライバシーの保護は勿論、防犯にも欠かせない鍵。玄関や勝手口など入口となる場所に取り付けられている鍵は年々改良が進みより防犯性に優れたものに生まれ変わりました。しかし、鍵が回らなくなってしまった、鍵が抜けなくなってしまったなどの鍵のトラブルを多くの人が経験しているでしょう。鍵が回らなくなってしまった場合は鍵穴に問題があります。鍵穴の内部には知らない間にホコリやゴミが溜まってしまいやすく、また、外からでは確認できないため中々気づくことが出来ません。鍵穴は精密な構造で作られているため、このように汚れが溜まったしまうことで正常に開錠させることが難しくなってしまいます。ほとんどの方がこの時点で鍵穴内部のホコリやゴミを取ろうと鍵穴をいじったり、潤滑油を差してしまいますが、この行為は逆効果でさらに状態が悪化してしまう可能性も考えられます。また、無理に鍵を回そうとすることで鍵が破損してしまったり、抜けなくなってしまうこともあるので主観では改善を試みないほうがよいでしょう。使用環境や使用状況によって差はありますが、10年から15年程が鍵の寿命と言われています。鍵のメンテナンスをしていない場合は早い時期にこのような鍵のトラブルが起きてしまうので定期的に点検を行いもし、鍵の調子がおかしい場合は鍵を扱う鍵屋の方に診てもらいましょう。また、改善が難しい場合は早めに鍵の交換をしてもらい、安全性を維持させることが大切です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼