最新情報・レポート

もしドアに見知らぬシールが貼ってあったらご注意を

出かけ先から帰ってきた時に、家のドアに見知らぬシールが貼ってあることがあるかもしれません。ただのイタズラだろうかと放っておくと、皆さまの家に起きた被害に気づかないことがありますので注意をしておきましょう。もしシールが貼ってあったら、すぐにそれを剥がしてみてください。シールの下には小さな穴が開いているかもしれません。もしそうであるのであれば、空き巣が入ったと考えた方が良いです。サムターン回しという違法解錠の被害を受けてしまったのです。サムターン回しはピッキングと違い、鍵穴から鍵開けをするのではなく、ドアに穴を開けて、そこから金属の棒を差し込んで内鍵を回して開けるという方法になります。ピッキングの対策が進んだために開発された方法です。ドアに穴を開ける必要性がありますが、それは小さなシールで隠せるものですのでただのイタズラで剥がすのが遅れると、被害に気づくのが遅れてしまう場合もあります。分かりやすいシールではなく、ドアの色に合わせたシールであるとシールそのものに気がつかない場合もあるので非常に厄介な鍵開けの方法です。ただし、このサムターン回しにも弱点があります。それが内鍵のカバーです。これを取り付けられると、サムターン回しをしようとしても金属の棒がカバーに邪魔をされて内鍵を動かせなくなります。そのためにもカバー付きの内鍵への鍵交換を検討されてみてはいかがでしょうか。また、内鍵があるタイプのドアの場合は、一度ドアの表面を確認してみましょう。内鍵の近くにシールがあれば、サムターン回しの被害を受けた可能性が高いです。この違法な鍵開けから守るためにも、どういった鍵が防犯上必要なのかを鍵屋と相談することが大切です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<