最新情報・レポート

その鍵の費用は誰が負担するの?

鍵を交換するとき、その費用は誰が負担する事になるのかご存知でしょうか。持ち家や分譲マンションでしたら、その所有者が負担するという事は容易に想像できる事でしょう。しかし、賃貸住宅の場合はどうなるでしょうか。貸主が負担するか、借主が負担するか、判断が付かないという方もいらっしゃるでしょう。ここでは、賃貸住宅の鍵交換費用についてご説明いたします。
まず、貸主が負担するケースです。基本的に貸主が負担するのは、新たな入居者が決まった場合か、入居者が退去する場合となります。もしも鍵交換を行わなかった場合、その前の入居者が鍵を悪用してしまう恐れがありますので、鍵交換が必要なわけです。「貸主が負担しないといけない」と法律で定められているわけではありませんが、国土交通省の原状回復ガイドラインでは、「貸主の負担とすることが妥当」と明記されています。
次に、借主が負担するケースです。借主が鍵を紛失したり、別の鍵へ交換したりする場合には借主の負担となります。ただしその際には、事前にオーナーに許可を取ったり、スペアキーを渡すなどの契約が定められている場合があります。これについては賃貸住宅ごとに異なりますので、よく確認しておきましょう。
基本的には鍵交換の費用負担は上記のようになっていますが、前述のように賃貸住宅ごとの契約内容によって異なるケースがあります。お金に関することはトラブルに発展する事も多いですので、その契約内容をよく確認しておくようにしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<