最新情報・レポート

「鍵師」のお仕事

私達は自宅を出掛ける時には、鍵を閉めて外出します。その鍵が存在するのは鍵屋で働く「鍵師」の存在のおかげなのです。鍵師とは一体どういう職業なのでしょうか。お話ししていきましょう。
鍵師とは、鍵を紛失した時や故障等で起きた鍵のトラブルを、知識を生かして、解決してくれる人の事です。セキュリティー意識が高い欧米等では、錠前技能者は「Locksmithロックスミス」と呼ばれており、社会的地位が認められております。仕事内容は、鍵をなくした場合に依頼を受けて、鍵の解錠や鍵交換、鍵の修理等鍵に関するトラブル全般が業務内容です。家や車の他、スーツケース、金庫、バック等鍵が付いているもの全てが対象になります。その中でも鍵師でも解錠出来ない鍵もありますが、そんな時には鍵自体を壊して解錠します。手荒に鍵を破壊すれば他の部分にも影響が出てきてしまうので、鍵のどこを破壊すればスムーズに解錠出来るか知識や経験が必要となってきます。又、トラブルで現場に出向いた際に、依頼人の所有物でない住宅や持ち物の解錠を依頼される場合は犯罪性が疑わられる事があります。その様な場合には、身分証明書を提示してもらう等をして、細心の注意を払って本人確認をしてから解錠作業を行っています。
特殊な鍵を使用している高級車等、難易度が高いケース程鍵開けの料金は高くなります。何か鍵のトラブルがあった際には、鍵屋の業者へ相談してみましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<